カテゴリー: 制作お役立ち

Adobe Experience Design(XD)を使ってアプリのプロトタイプを作ってみた

先日発表された、Adobeのプロトタイピングツール、Adobe Experience Design(Adobe XD)。Sketchライクなシンプルなグラフィックツールです。なにやら面白そうだったので、早速つついてみました。デモとして、簡単にチャットアプリのプロトタイプを作ってみたので、使用感とともに紹介します。

続きを読む

Photoshop、Illustrator、Sketch…デザインツールは結局どれがいいの?

みなさん、UIデザインのツールって何を使っていますか?かつてはWebデザインに使うグラフィックツールはPhotoshop一択でした。しかし昨今はお手頃価格のグラフィックツールが増えてきて、どれを使うのがいいのか悩んでしまったり…。私もその一人でした。そこで現在巷でよく使われているPhotoshop、Illustrator、Sketchを比較してみました。
続きを読む

無料で使えるモバイルアプリ制作用のプロトタイピングツール

以前「Webサイトのプロトタイプ制作に使える無料オンラインツール」というのを記事にしましたが、今回はモバイルアプリ制作に特化したツールを調査してみました。ただ、知らない間に便利ツールが増えまくり、あまりにも数が多いので無料で使えるものに絞り、さらに使ってみていいなと思ったものを集めました。それでも数が多いので…あとは実際にみなさんで試してみて、自分にあったものを探してみてください!
続きを読む

Adobe Portfolioで簡単にポートフォリオサイトを作成

これまでもポートフォリオサイトの大切さを伝えてきましたが、ポートフォリオサイトが必要なのはWebの知識がある人だけではありません。そこで今回は簡単にポートフォリオサイトを作れる、Adobeクリエイティブクラウドに含まれているAdobe Portfolioを紹介します。コーディングの知識の無い方、特に画像を見せたいフォトグラファー、イラストレーター、画家さんなどにオススメです!
続きを読む

ブラウザー上でスタイルガイドが作れるFrontifyを試してみた

巷ではgulpやGruntなどを使ったスタイルガイド生成ツールが多く存在します。しかし、CSSのコメントに書き込んだりするのはWeb制作者でないと難しい部分もありますし、そもそもファイルを作るのがめんどうだったり…と、なかなかスタイルガイドを作る気になれない人もいるんじゃないかと思います。今回は非Web制作者でも簡単にスタイルガイドが作れちゃうFrontify Style Guideを紹介します!
続きを読む

10歳のこどもから学んだユーザビリティ向上のポイント

夏休みの後半、原稿用紙15枚の自由研究に苦しめられていた姪っ子(10歳)を「楽しそうだな〜」と手伝っていました。そんな時「私も久しぶりに自由研究したい!」と思い、ちびっこが家にいることですし、最近のちびっこがWebサイトをどのように利用しているのか研究してみることにしました。という事で今回の記事は自由研究風に進めようと思います!
続きを読む

スクリーンショットにコメントをつけてシェアできるツール

Webサイトに修正指示を出す時、どんなツールで、どのようにシェアしていますか?該当ページのスクリーンショットを撮影し、その画像に指示を入れていく…という方が多いかな、と思います。今回はWebサイトの制作者のみならず、制作者に指示をだす人や、クライアント側も使える、修正指示がグンと楽になりそうなツールをいくつか紹介します!
続きを読む

制作技術は見て盗め?オンラインで作業中の様子を公開している動画サイト

以前、すでにWeb制作者として就職している方から「まわりの同僚のように早く作業ができない」「作業の効率のいい進め方がわからない」という悩みを受けたことがあります。作業の効率化について紹介しているWebサイトや書籍も多く見つけられるかと思いますが、実際に手を動かしているところを見るのもひとつの方法です。他の人がどう作業を進めているか、見てみましょう!
続きを読む

Adobe Auditionを使ってSkypeの音声と自分の声を別々に録音する方法

以前告知しましたが、ポッドキャストにて、企業インタビューなんぞ始めました!遠方の方にお話を聞くことが多いので、インタビューにはSkypeを用いているのですが、編集の際Skypeで話しているゲストの声と、自分の声を別のトラックに録音した方が俄然効率がいいです。という事で今回はAdobe Auditionを使った録音方法を紹介。あまり需要はないかと思いますが、自分用の備忘録として記事にしてみます。
続きを読む