ミュシャ(Mucha)から学ぶ優美なデザイン

ミュシャ(Mucha)から学ぶ優美なデザイン

アール・ヌーヴォー様式を代表するグラフィックデザイナー、アルフォンス・マリア・ミュシャ(Alfons Maria Mucha)。美しい女性やきらびやかな装飾類、花、華麗な曲線を使用したデザインが特徴で、生涯を閉じた今も多くの人を魅了し続けています。今回は私の大好きな彼の作品を紹介してみようと思います!


ミュシャの作品の特徴

女性と花

ミュシャの作品の特徴・女性と花

彼の作品の多くは女性をメインに花とともに描かれています。髪に飾ったり画面に花をちりばめたり。画家というよりもグラフィックデザイナー・イラストレーターとして活躍していたため、対象物を非常に鮮明に描いています。背景には暗色の幾何学模様や草花を、メインとなる女性には明るい色を使い、どこに焦点をあてているかがわかりやすい。

背景の模様

ミュシャがよく使う模様

背景にはアール・ヌーヴォーの特徴である草花と曲線による模様が多く使われました。またモザイク画が使用されることも多くありました。この配色、細かいラインは拡大して何度も見てしまいます。

ミュシャの主な作品

黄道十二宮

黄道十二宮

1897年カレンダー

ミュシャ 1897年カレンダー

ジョブ

ポスター「ジョブ」

シャンパン

広告「シャンパン」

桜草/羽根

桜草/羽根

連作 四つの時の流れ

連作「四つの時の流れ」

月桂樹

月桂樹

連作 四つの星

連作「四つの星」

ヒースの花/浜薊

ヒースの花/浜薊

真福八端 竏驤€ 幸福なるかな、心の清き者

真福八端 竏驤€ 幸福なるかな、心の清き者

スラヴィア

スラヴィア

ミュシャについて

ミュシャ

アルフォンス・マリア・ミュシャ(Alfons Maria Mucha、1860年7月24日 – 1939年7月14日)は、アール・ヌーヴォーを代表するグラフィックデザイナー。多くのポスター、装飾パネル、カレンダー等を制作した。ミュシャの作品は星、宝石、花などの様々な概念を女性の姿を用いて表現するスタイルと、華麗な曲線を多用したデザインが特徴である。『ジョブ』や『シャンパン』などのポスターや、『四つの時の流れ』、『四つの星』など連作的作品を数多く制作し、名声を博す。 1938年、肺炎により健康状態が悪化、翌1939年チェコで死去。ミュシャは作品のデザイン性の豊かさから、デザイナーとしての評価も高い。

シェアする

コメント

ニュースレター

Web制作の最新情報やWebクリエイターボックスからのお知らせ、中の人の近況等を定期的にお送りいたします。 ぜひご登録ください!もちろん無料です! :)