Photoshopで人物の顔をゾンビ風に変身!

thumb_zombie

約7年ぶりに日本の夏を過ごし、毎日ヘロヘロなManaです…。こんな暑い日はホラー!怖い話!という風習があるようなので、今回は普通の人物写真をPhotoshopで素敵ゾンビに変身させてみようと思います。いつものように動画も作りました。Photoshop CC Ver. 14使用です!

zombie-before-after
ビフォー・アフター。


制作過程の動画です。全体の流れを掴んで頂ければと思います。

1. 画像を準備

女性の画像

Photoshopで加工する前のオリジナル画像
例ではいつも使っているFotoliaより女性の画像を用意。みなさんはお好みの写真を用意してください。

テクスチャ

地割れテキスチャ画像
いろんなテクスチャ素材を取り扱っているFree Stock Texturesより、地面の地割れテクスチャをダウンロードします。無料・商用利用OKです。

2. 肌の色を不健康に

人物画像の彩度を落とす
まずは人物画像の彩度を落として不健康っぽくしてみましょう。
イメージ > 色調補正 > 色相・彩度(⌘U)で 彩度を-70、明度を-40に設定します。値は画像によって調整してください。

スポンジツールで部分的に彩度を落とす
唇など、赤みの多い場所にはスポンジツールで部分的に彩度を落とします。

3. 呪怨の目

ブラシで目を黒く塗りつぶしたところ
新規レイヤーを作成し、ブラシで目を黒く塗りつぶします。レイヤーの描画モードを「ハードライト」、不透明度を70%にします。

4. メリハリをつける

影を加える
「焼きこみツール」を使って影を加えます。ツールオプションの「範囲」は「シャドウ」、「露光量」は50%に設定します。人物の画像レイヤーを選択し、目や口の周り、輪郭を暗くし、メリハリをつけていきます。

5. ノイズ

ノイズを加える
人物レイヤーの上に新規レイヤーを作成。フィルタ > 描画 > 雲模様1 で模様を作り、さらに フィルタ > ノイズ > ノイズを加える でノイズを加えます。ノイズの量は15%、「グレースケールノイズ」にチェックを入れましょう。「OK」をクリックして適用させ、レイヤーの描画モードを「ソフトライト」にします。

6. テキスチャをプラス


5. のノイズレイヤーの上に、用意していた地割れテキスチャ画像を新規レイヤーとして挿入。こちらもレイヤーの描画モードを「ソフトライト」にします。

 マスクをかけてなじませる
人物の肌の部分でマスクをかけ、消しゴムツールで微調整。

7. 血の涙

血の涙を描画
新規レイヤーを作成し、一番上におきます。描画色を#230000にし、血の涙を描画。レイヤーの描画モードを「オーバーレイ」、不透明度を 30% にします。

完成!

完成
テクスチャを変えたり、黒目を逆に白目にしてみてもおもしろそうです。さらに人物を切り抜いて廃墟画像と合成してみるのもいいですね!ぜひお試しください!

シェアする

コメント

ニュースレター

Web制作の最新情報やWebクリエイターボックスからのお知らせ、中の人の近況等を定期的にお送りいたします。 ぜひご登録ください!もちろん無料です! :)