ECサイトの動作テストに使える、クレジットカードのテスト番号一覧

thumb_card

オンラインショップで最も使われている決済方法がクレジットカード決済。しかし、過去にオンラインショップを制作したことのあるWeb屋さんは、決済時の動作テスト方法にとまどった事はありませんか?動作確認に自分のクレジットカードを使っていたという人が多いかと思います。私もそうやってテストしていました…が、実は各種メジャークレジットカードではオンライン決算時用のテスト番号があるのです!便利ですよね!


以下のクレジットカード番号を使えば、実際に決済が完了した時と同じ動作をします。もちろんテスト番号なので実際に入金などはありません。有効期限は現在の年月より先のものならなんでもOKです。

広く使われているこのテスト番号ですが、対応していないサービスもあります。番号自体のチェックは「【PHP】クレジットカードチェックサンプル」などで簡単な確認ができます。

※必ずご自身のECサイトでテストしてください。

追記1:Paypal、Googleを始め、海外では多く使われている決済サービスで公開されている情報です。ソースは記事の最後に。
追記2:日本の決済サービスではあまり使われていない番号のようです。うーん、調査不足でした… :( ご指摘ありがとうございます!下記Paypalサンドボックスはぜひ使ってみてくださいー。

クレジットカード

Master Card

セキュリティコードは3桁、なんでもOK

  • 5555555555554444
  • 5105105105105100

Visa

セキュリティコードは3桁、なんでもOK

  • 4111111111111111 (最も使われている番号)
  • 4012888888881881

JCB

セキュリティコードは3桁、なんでもOK

  • 3530111333300000
  • 3566002020360505

Diners Club

セキュリティコードは3桁、なんでもOK

  • 30569309025904
  • 38520000023237

American Express

セキュリティコードは4桁、なんでもOK

  • 378282246310005
  • 371449635398431
  • 378734493671000(コーポレート)

Discover

セキュリティコードは3桁、なんでもOK

  • 6011111111111117
  • 6011000990139424

Paypal

PaypalにはPayPal Sandboxという開発者用のサイトが用意されています。ここでテスト用のPaypalアカウントを作成することができますよ!日本語ページが用意されていないのですが、一度作成しておくと便利なので一緒に作っていきましょう。

Sign Up Now

まずはPayPal Sandboxにアクセス。「Sign Up Now」をクリックします。

Test Accounts

開発者用アカウントを作成したら、「Test Accounts」をクリックします。最初は「Preconfigured」でデフォルト設定のテストアカウントを作りましょう。

options

図のようにオプションの設定をします。

テスト用のPaypalアカウントが作成されました!

完了!テスト用のPaypalアカウントが作成されました!Paypalのメールアドレスだけでなく、クレジットカードの番号や有効期限、銀行の口座番号も割り振られています!

これで少しは決済ページ制作時のストレスが軽減するのではないでしょうか?w お役にたてれば幸いです!

Source: Paypal PayflowPro(PDF), PayPal Manager, Google Developers, CyberSource, Braintree etc…

シェアする

コメント