画像のノイズをきれいに簡単に軽減する方法

thumb_noise

暗い場所や室内で取った写真はノイズが入りやすいですよね。画像を補正する際、意外とやっかいだったりします。Photoshopには「ノイズを軽減」機能もありますが、なんだかあまり変化がなかったり…。そんなノイズを簡単に軽減する方法をいくつか紹介します。ビフォー・アフターの差にびっくりしちゃうと思いますよ!

Neat Image

Neat Imageは画像のノイズ除去を自動で行なってくれるソフトです。Windows、Mac、Linuxで利用でき、Photoshop用のプラグインも使うことができます。無料版と有料版があり、無料版では大きなサイズと商用利用は不可です。今回は無料版を試してみました!

neatimage

まずはNeat Imageのサイトからアプリをダウンロード。

「Input Image」からノイズのある画像を開きます。

インストールしたらさっそく立ちあげて、「Input Image」からノイズのある画像を開きます。

「Device Noise Profile」でノイズのサンプリングする場所を決定します

「Device Noise Profile」でノイズのサンプリングする場所を決定します。基本的には「Auto Profile」で自動選択にしておけばOK。

「Noise Filter Settings」で「Luminance」の値を調節して輝度を変更します。

「Noise Filter Settings」で「Luminance」の値を調節して輝度を変更します。プレビュー画像をクリック&ホールドでオリジナル画像と比較できます。とってもきれいになってますね!

あとは「Output Image」で保存して完成です!

あとは「Output Image」で保存して完成です!

違いに感動!

違いに感動!

Photoshopプラグイン版でも使い方はほとんど同じです

Photoshopプラグイン版でも使い方はほとんど同じです。インストールすると「フィルター」メニューに「Neat image」の項目が追加されているので、ここから同様に操作できます。仕上がりのクオリティに大満足!ぜひ試してみてください!

PhotoshopのCamera Raw

もうひとつ、Adobe Photoshopに付随するプラグインの「Camera Raw」機能を使ってノイズの軽減をしてみましょう。上記Neat Imageの無料版ではサイズ等に制限がありますが、こちらは付属プラグインなので自由に使えますよ!

「Camera Rawで開く」を選択します。

まずはBridgeを立ちあげ、ノイズのある画像を右クリック。「Camera Rawで開く」を選択します。

「ディテール」タブの「ノイズ軽減」セクションで、画像のノイズを軽減する設定ができます。

「ディテール」タブの「ノイズ軽減」セクションで、画像のノイズを軽減する設定ができます。各値を好みで調整してください。上の「プレビュー」をオン・オフで元画像と比較できます。保存は左側のボタンをクリック。

十分ノイズが軽減されているのがわかりますね!

クオリティはNeat Imageにやや劣るかな?というところですが、十分ノイズが軽減されているのがわかりますね!

3つの画像を比較

元画像とNeat Image使用画像、Camera Raw使用画像を比較するとこんな感じです。

元画像とNeat Image使用画像、Camera Raw使用画像を比較するとこんな感じです。クリックで拡大します。

他にもいくつかの方法やアプリ・プラグインを試してみましたが、「これだ!」と思えるものには出会えませんでした…。おすすめがあればぜひ教えてください!

シェアする

関連する記事

コメント