SVGクリッピングマスクにチャレンジ!静止画像も動画も、SVGで切り抜こう!

Webクリエイターボックスでちょこちょこ取り上げてきたSVG。今回は第四弾!SVGを使ったクリッピングマスクを紹介します。今までは画像に透過PNGを重ねてマスクを表現できましたが、高解像度ディスプレイに対応させたり、マスク自体に効果をつけるならSVGが便利かなーと思います。サムネイル画像にフレームをつけたり、デザインのアクセントとして使えるので、ぜひマスターしてくださいね!

SVGのクリッピングマスク基礎

1. 画像を用意

それではさっそく試してみましょう!まずは切り抜かれる画像を用意し、img タグで表示します。この時画像に mask というクラスを与えておきます。

<img class="mask" src="images/rose.jpg" alt="Rose">

2. マスクの型を用意

heart
Illustratorで切り抜く型を用意します。今回はハート型で切り抜きます。型ができたらハートをそのまま ⌘ + c (Windowsは ctrl + c )でコピーし、エディターに貼り付けます。SVGコードがペーストできます。

svgコードを表示
もしくは、Illustratorで保存する際に表示されるダイアログで「SVGコード」ボタンをクリックしましょう。ながーいコードが表示されます。これがSVGです。

<img class="mask" src="images/rose.jpg" alt="Rose">

<svg version="1.1" x="0px" y="0px" viewBox="0 0 340.2 306.6">
     <path d="M170.3,89.5c10.3-33,35.8-48.9,64.4-48.9c34.2,0,60.4,28.6,60.4,63.2c0,41.7-22.7,71.6-46,99.9c-22.4,27.1-79,62.2-79,62.2
          s-51.9-30.7-74.3-57.8c-23.3-28.3-50.7-62.5-50.7-104.3c0-35.2,27.1-63.2,60.7-63.2c28.3,0,53.6,15.9,63.8,48.9h0.3H170.3z"/>
</svg>

このように画像の下にSVGを貼り付けます。

3. クリッピングパスとして定義

SVGコード内の path の部分を clipPath タグで囲い、クリッピングパスとして定義します。そしてその clipPath タグに svgPath というidを付与。(idは任意のものでOK!)

<img class="mask" src="images/rose.jpg" alt="Rose">

<svg version="1.1" x="0px" y="0px" viewBox="0 0 340.2 306.6">
  <clipPath id="svgPath">
     <path d="M170.3,89.5c10.3-33,35.8-48.9,64.4-48.9c34.2,0,60.4,28.6,60.4,63.2c0,41.7-22.7,71.6-46,99.9c-22.4,27.1-79,62.2-79,62.2
          s-51.9-30.7-74.3-57.8c-23.3-28.3-50.7-62.5-50.7-104.3c0-35.2,27.1-63.2,60.7-63.2c28.3,0,53.6,15.9,63.8,48.9h0.3H170.3z"/>
  </clipPath>
</svg>

※ちなみに今回はカーブや直線で描かれたハート型を使用しているので path タグが使われていますが、circle(円)、ellipse(楕円)、rect(長方形)、polygon(多角形)等、形によって囲むタグが変化します。混乱しないように ;)

4. CSSで切り抜く

あとは画像に与えていた mask クラスに clip-path プロパティーでパスのidを指定してマスクをかければ完成!Webkit系ブラウザーにはベンダープレフィックスが必要です。

.mask {
  -webkit-clip-path: url(#svgPath);
  clip-path: url(#svgPath);
}

完成!

See the Pen SVG clipPath by Mana (@manabox) on CodePen.


バラの画像をハートで切り抜けました!

応用1:テキストで切り抜いてみよう

テキストで背景画像を切り抜く技は、過去記事「素敵な3つのWebサイトの使用技術を分析&実践してみた」でも紹介したようにCSSの background-clip: text; を使えば実装できます。

See the Pen background-clip by Mana (@manabox) on CodePen.


しかし、この方法ではChromeやSafari以外のブラウザーではうまく表示されません。そこで他のブラウザーにも対応したSVGのやり方を紹介します。

<img class="mask" src="images/rose.jpg" alt="Rose">

<svg>
  <clipPath id="svgPath">
     <text x="10" y="150" textLength="600" font-family="Knewave" font-size="100px">She said YES!</text>
  </clipPath>
</svg>

基本的な書き方は上記ハート型のものと同じです。clipPath 内のマスクの型が path から text に変わり、text タグで表示したいテキストを囲めばOK。xy 属性でテキストの表示位置を調整します。他にもフォントや文字サイズ、フォントスタイルなんかも指定できます。

See the Pen SVG clipPath text by Mana (@manabox) on CodePen.


フォントや画像を変えていろいろ楽しめそう。

応用2:動画にマスクをかけてみよう

これまで静止画像にマスクをかける方法を紹介しましたが、同様に動画もSVGでクリッピングマスクをかけられます。img タグで表示していた画像を video タグで動画にするだけ。video タグでは autoplay で自動再生、loop で繰り返し再生の指定をしておくといいでしょう。Firefoxはmp4形式に対応していないため、別にwebm形式も指定します。動画の詳しい表示方法は「HTML5のvideoタグを使って動画を貼り付ける時の注意点と問題点」という記事を参考にしてみてください。

<video class="mask" autoplay loop >
  <source src="videos/cloud.mp4">
  <source src="videos/cloud.webm">
</video>

<svg>
  <clipPath id="svgPath">
    <text x="5" y="100" textLength="595" font-family="Knewave" font-size="100px">Sky is the limit</text>
  </clipPath>
</svg>

See the Pen Dqjvf by Mana (@manabox) on CodePen.


↑サンプルの動画がうまく表示されない場合は、右下の「RETURN」ボタンで再度読み込むか、右上の「Edit on CODEPEN」をクリックして大画面で見てみてください!アイデア次第で様々な表現ができますね!

リンクのクリック範囲について

See the Pen SVG clickPath weird clickable area by Mana (@manabox) on CodePen.


こちらのサンプルは、マスクをかけた画像にリンクを貼り、クリック範囲にカーソルを合わせると画像を半透明にしています。Firefoxだと切り抜かれた白い部分(見えない部分)は無反応なのですが、SafariやChromeだとどういうわけか切り抜かれた部分までクリック範囲として反応してしまいます…。

そのうちブラウザーが対応するのかな?とは思いますが、今のところ解決策としては img タグを使うのではなく、SVGの image 要素を使うといいみたいです。画像の指定は src ではなく xlink:href を使うので注意!この方法だとIEでもうまく表示されますよ。

<svg version="1.1" x="0px" y="0px" width="558.8px" height="346.7px" viewBox="0 0 558.8 346.7">
  <a xlink:href="http://google.com">
    <image class="mask" xlink:href="images/garden.jpg" x="0" y="0" width="615" height="406" />
  </a>
 
  <clipPath id="svgPath">
    <path .... />
  </clipPath>
</svg>

See the Pen SVG clipPath clickable area by Mana (@manabox) on CodePen.


白い部分はカーソルを合わせても反応しなくなりました。


静止画像だけでなくGIFアニメや動画でもマスクをかけられるので、様々なデザインのアクセントとして活躍しそうなSVGクリッピングマスク。みなさんならどんなデザインに使ってみますか?

参考記事:Clipping in CSS and SVG – The clip-path Property and clipPath Element

シェアする

コメント

ニュースレター

Web制作の最新情報やWebクリエイターボックスからのお知らせ、中の人の近況等を定期的にお送りいたします。 ぜひご登録ください!もちろん無料です! :)