4年半の英語学習でした事・しなかった事

thumb_eng

前々から「Manaさんはどうやって英語の勉強をしたんですか?」と聞かれる事が多いのですが、前回の「海外在住Web屋の私のまわりで最近話題の5つのWebサービス」という記事を書いてさらに増えてしまい、もう記事にしてしまえ!という事で今までしてきた英語の勉強方法をまとめてみました。Web関連の記事以外は書くつもりはなかったのですが、今回はお許しくださいまし。


まずはここから!身の回りの物を英語環境に

身の回りの物を英語環境に

まず、iPodやiPhone、携帯電話、できればPC・Macなど、英語に設定変更できるものは全て英語にしてしまいます。これで英語が覚えれる!というわけではありませんが、だんだんと身の回りに英語があるという環境に慣れてきます。突然分厚い本を読み始めてもすぐあきちゃいます。習うより慣れろ!方針で。私の場合はiPodの中身も洋楽のみ(大好きな某女性歌手除く)にしました。

海外在住1年目

海外在住1年目

カナダ・バンクーバー滞在一年目の勉強方法を書いてみます。ちなみにカナダに降り立った時の英語レベルは中学卒業程度。スピーキングは話すのに抵抗があったためほぼ0。中学時代はかなりまじめに英語の勉強をしていたので、そのレベルの文法や単語には問題なし。

リスニング

リスニングは毎日スポンジ・ボブのアニメを見ていました。別にスポンジ・ボブが好きだったわけではありませんが、毎日夕方5時半になると放送されていたので。見ているとスポンジ・ボブ君のキャラが大好きになりましたけどw

私はジブリが大好きなので、ジブリでかなり勉強しました。はじめはとなりのトトロなんておすすめです。日本で販売されているものも英語吹き替えがあるらしいです。勉強方法はというと、まずその映画を字幕なしでひたすら流し続けます。何言ってるかわからなくても気にせずとにかく聞きます。ずっと画面の前にいなくてもいいので、洗濯物をたたみながら・メイクしながらなど何かをしながらでも流します。一週間くらいしたら耳が慣れてくるので、今度は字幕をつけて見ます。この時「あ、この時こう言ってたんだ!」という発見があったり、わからない単語を調べたりします。ある程度全体をとおして何を言ってるか分かってきたら今度はキャラクターの後に続いて口に出してセリフをしゃべります。シャドーイングというやつですね。かまずに全部のセリフを言えるようになった頃にはほぼ全てのセリフを覚えていると思いますw これはまだ言葉の話せない子供と同じで、彼らは同じアニメを何度も見て、セリフを覚えちゃいますよね。もちろんジブリでなくてもいいんですが、一度見たことがある物で、自分の好きな映画がいいと思います。



リーディング

これもリスニングと同じように、大好きなマンガの英語版を読んでいました。海外でも日本のマンガが翻訳されて売られています。日本でもアマゾンなんかで買えるようですね。NanaOne Pieceなどの有名所を中心に、一度読んだことのあるものを読みました。注意していたのは読むときに、一語一語全てを辞書で調べない、という事。何度もでてきたら調べ、なるべくとばし読みします。一度読んだ事のある本やマンガをおすすめする理由はここにあります。読んだことがあると、わからない単語があっても内容をある程度憶えているのでその単語を推測できるからです。肝心なのは英語を読む事に慣れること!



文法

高校の頃は英語を選択していなかったので、文法は中学レベルでストップしていた私。英語のできる日本人に「仮定法」あたりを教えてもらっていました。文法は絶対に日本人に教えてもらったほうがいいです。文の組み立て方などは日本人同士の方がわかりやすいからです。

で、文法というのは書いて問題を解いていくだけでは実際に生活の中で使うのが難しいです。なんどもその文法を使って、簡単な文章でもいいのでしゃべっていくことが大切。次第に文章を組み立てようと考えなくても自然と話せるようになります。私の場合は上記の「仮定法」がよくわからなかったので、毎日のように「If I had had money, I could have bought a new Mac…」「I wish I had never been born…」なんぞつぶやいてました。暗いw

スピーキング

カナダに到着した時点でスピーキングは全くできないレベル。いや、全くできないわけではなかったと思いますが、なにせ言い慣れてないもので恥ずかしくてしょうがない。間違えたらどうしよう。聞き返されるのがこわい etc etc…。という事で「Hi」と言うのもかなり抵抗がありました。

そんな私がだんだんと話すのに慣れてきたのは、いろんな国の人と連日行われるパーティーでした。お酒が入ると恥ずかしさなんて吹っ飛びます。その後も「お酒が入ってたらしゃべれるって事は、やっぱり恥ずかしがってるだけで、本当はしゃべれるんだよ私!!」と言い聞かせ、自分から積極的に話しかけるようにしました。自分から話すと周りも話しかけてくれるようになり、徐々に文法も気にせず話せるようになってきました。

その後始めたショップ店員としてのバイトがさらにスピーキングを上達させてくれました。なにせ接客業なもんで、話かけてトークをつなげないと仕事になりません。もちろん滞在歴が1年もたっていないのでうまく話せるわけもなく、何度も「What? I don’t understand what you’re talking about.(は?何言ってんのかわかんないんだけど。)」とお客さんに言われる事もあり、夜は枕を濡らしていましたよwでもそこで諦めるわけにもいきませんよね。やっぱりスピーキングは慣れです。場数です。

ライティング

英語で文章を書くのは最初は難しく感じるかもしれません。私の場合はテキストメッセージやFacebookで英語でコミュニケーションをとる機会が多々あるので、友人との連絡手段として英語を書く事が多かったです。Facebookチャットでの友人とのチャットも効果的だったと思います。チャットだと「早く書かなきゃ!」感があるので、最初はとまどいましたが慣れました。

英語で日記(ブログ)を書いていた頃もありました。最初から長文を書こうとせず、3行日記な感覚ではじめるといいかも。今ならTwitterもあるので、ちょいちょい英語でTweetしてみるといいですね。

ボキャブラリー(英単語)

映画をやマンガを見たり、日々の生活の中でわからない単語は必ずその日のうちに覚えるように心がけていました。単語帳を作って、調べた単語とその発音記号、例文、活用形を一緒に書き込みました。例文がないと実際に使おうと思ったときにとっさにでてこなかったり、活用形も覚えておかないと実生活で使いにくいので一緒に覚えていました。

発音

単語を覚えるときに発音記号を覚えておくことが大切。発音記号は英語の発音記号 読み方と音声サンプルでまとめられています。あとはとにかく聞いて真似する事。またネイティブの人が話す時の口や舌の動きを観察するのもしていました。

2年後(だいぶ慣れてきた)

だいぶ慣れてきた

2年たてば話すのも聞くのもあまり苦ではなくなりました。環境もかわり、職場では日本人は私だけ。まだまだ英語に自信はなかったので勉強は続けていましたよ。

リスニング

iTuneのポッドキャストなんぞ聞き始めました。どの番組を聞いていたのか覚えていないのですが、英語関連のポッドキャストは数多くあるので、「英語」で検索して気に入るものを探してみてください。

この頃からTEDAppleのカンファレンス動画CSS-Tricksの動画チュートリアルなどのWeb系の動画を見るようになりました。好きな分野なだけ楽しく見れます。やっぱり憧れのSteve Jobs氏やNick La氏の講演を翻訳なしで聞けるのは嬉しい :)

リーディング

こちらも同様、Web系のブログを購読するようになりました。最初に読み始めたのは有名ブログのWeb Designer Wall。彼はブログを中学2年生レベルの英語で書くことにしているため、英語がネイティブじゃない人でも読みやすいです。また、カナダの企業でWebデザイナーとして働きはじめてからはコーディングする時に行き詰まったら英語で検索し、英語の記事を読んで解決していました。英語と日本語では情報量が圧倒的に違うため、英語で検索したほうが早く解決するからです。また初めてMagentoというECサイト用CMSを使った時は、Magentoが日本語をサポートしていないのもあり、仕様やカスタマイズ方法を泣きながら読んでました。。

文法

日常会話ででてくる文法はだいたい決まっているので、文法がわからないという事はなくなってきました。また「わからない」と質問するのに抵抗がなくなってきたので、会話している中で聞いたりなんだり。

スピーキング

Web屋の仕事をしていたので、クライアントとのミーティングにも参加し、簡単なプレゼンをしたりしてビジネス用のスピーキングが上達してきました。そしてやっぱりパーティーは多いです。スピーキングにはパーティーが必要かもw

ライティング

こちらも仕事でクライアントにメールをしたりドキュメントを作ったりで上達してきました。

ボキャブラリー(英単語)

最初と同じようにこの頃も単語帳に新しく覚えた単語を書き続けていました。継続は力なり。

4年半後(現在)

現在

そして現在。わからなかったら聞いたり調べたりする程度で、特に勉強をすることはなくなりました。もちろん英語のブログやマンガを読んだり、カンファレンス動画を見たりはしていますが、もはや「英語を勉強している」感覚はなくなっています。ただ、まだブリティッシュ英語は苦手なので、訛りのある英語のリスニングになれなきゃなぁ…と思っているところです。あ、パーティーは相変わらずですがw

逆にしなかった事

以上がこの4年半でしてきた事です。逆に私があえてしなかった事を紹介します。

単語だけを覚える

重要単語リストがずらーっと並んでいるような本では一度も勉強していません。文章の中でどういった時に使うのかも一緒に覚えないとまるで使えないからです。使えない=覚えられない。文のつながりを無視して単語のみを翻訳するWebサービスがあるようですが、なんの意味もないように思います。

TOEICの勉強

これは私がTOEICのスコアを必要とする機会がなかったからですが、特に勉強はしていません。遠い昔に模試のようなものは受けた気がしますが…。何度かTOEICの勉強方法を質問されましたが、そんなわけで答えられません。

最初から字幕や日本語訳文をつけて映画を見る

一見勉強になるように思えますが、やっぱり知らず知らずのうちに目で字を追ってしまい、英語が頭に入ってきません。字幕なしでとにかく何度も繰り返し見て、耳が慣れてきたくらいに字幕をつけると効果的だと思っています。

英単語にカタカナでルビをふる

英単語の読み方がわからなくても、かならず発音記号を見て、書いて、発音を聞いて覚えるようにしました。カタカナを書いてしまったら絶対にカタカナ発音で覚えてしまうと思ったからです。

完全に私なりのやり方なので、賛否はあると思いますが、参考になれば幸いです。

シェアする

コメント

  • すごい参考になりますよ!
    日本だと外国人がよく来るバーとかがいいかもですね!
    ジブリの英語版観てみますとも!
    (自分もジブリ大好きなんでw)

  • tkj

    はじめまして。
    バンクーバーの語学学校に留学中の身の者なんですが一読してみてそうだよなーって思うところが沢山ありました。

    特に文法を日本人に教えてもらうってところ自分にも覚えがあったり。
    で日本人から文法教えてもらうと自分が分らないところを読み取ってもらえるので効果的ですよね。

    まあ、自分はまだ枕濡らし中なんであんまり偉そうなことは言えませんが。

    この記事のおかげでまたモチベーションがあがりました。ありがとうございました。

  • こんにちはー

    「なるほどー」連発で為になりました

    特に「逆にしなかった事」まで言及されたところ、すごい良いと思います(まねするライターいるんじゃないかな・・・)

  • ワタナベ

    はじめまして。いつも、「なるほどー」と思いながら拝見させて頂いています。
    結局、HTML も Javascript も英語ですから、英語できた方が習得速度も違うのかなーって思っています。
    とりあえず、iPhone の設定を英語にしました。習うより慣れろ!と気合をいれて、無理せずに頑張ってみます。

  • Hi.

    ….

    っとコメントを英語で書こうにも
    まったく分からないやw

    中学で全く勉強をしなかったせいか
    「this is」で止まっています。

    まぁ
    英語がんばるかw

  • 最近ウェブの勉強をしてちょこっとできるようになりました。
    MANAさんの存在は学校の先生からサイトを紹介され知りました。
    なかなか苦労してるんですね。
    少し投げやりな文章なのが恐いけど。
    英語の勉強しなきゃと思ってたので
    いい参考になりました。
    ありがとうございました。

  • 山田

    うーん・・・やっぱり洋画は字幕なしで見てみるか・・・

  • その映画を字幕なしでひたすら流し続けます。、自分のまわりの環境を英語にってところが昔英会話の先生にならったことと同じでした。

    なるべく英語が嫌いにならないように洋楽を聞いたり、英語を吹き替えではなく英語で見たり、自分の身の回りのものの言語設定を英語にしたりごく自然に英語に触れるようにしています。

    Webの技術、そして英語と多く気付きを頂けました。ありがとうございます。

  • とても参考になりました。 やっぱり英語を使わなきゃいけない環境に自ら飛び込むのが重要なんですかね。最近英語を使わなきゃいけないシチュエーションが多くなったので必死です。 
    記事を参考に勉強してみます!

  • Pingback: 7月07日のおすすめ記事()

  • Pingback: links for 2011-07-07 « 個人的な雑記()

  • 私も、英語が話したくて、やたら参考書を買ってはみるものの全然読まずに、勉強した気分になっているだけでした。

    今回の記事を読んでとても参考になりました!私は英語は全然話せないのですが、興味があって国際交流パーティーを東京で主催しています。私以外のスタッフが結構英語が話せて私だけが外国の方とは日本語と少しの英語のあいさつだけという…(苦笑)

    manaさんが行く外国のパーティーと、日本のパーティーでは少し雰囲気が違うのかもしれませんね。どんな内容のパーティーなのか気になりました。

    いつも記事楽しみに読ませていただいていますよ。

  • naomi

    参考になるかも、と教えてもらい拝見しました。準備もなく海外生活になり、家にいることが多いのでなかなか英語に慣れません。

    何かしなくては、と4か月たっていくつか始めて見ましたがこれでいいのかどうか迷っていて。

    文法は日本人のほうが、とか、最初は字幕なしのほうが、など参考になりました。

    ただ、日本でもTVはよくつけっぱなしにしてたのですが、こちらでも流してるだけだと音楽になってしまって言葉にならないんですよね・・。

    ジブリこちらでも売ってるか探してみます。大好きなので。

    いろいろありがとうございました!

  • Pingback: Blogで本を紹介しちゃいます。()

  • Pingback: N. » Blog Archive » Weekly Twitter Log (2011/7/4 窶骭€ 7/8)()

  • Pingback: 最近はてブ500overした注目記事()

  • うめ

    英単語:単語帳のみ確かに効果薄いと思います。が、知らない単語が繰り返し出て来た時に「英文」でEvernoteにクリップしています。

    リスニング:自分の場合はiTuneのラジオひたすら流してます。

    表現力:ipodの「English As Second Langage」で覚えます。カジュアルな会話がメインですが、ゆっくり話してくれるので初心者には有効かも。

  • Pingback: とても参考になった英語勉強法の記事の話 | スピードラーニングで学ぶ英語学習実践記録()

  • そうですね!
    私も5年前にオーストラリアでワーホリ中、同じ様な感じで英語を身につけました。
    パーティーやBBQなどはホント必須ですね。

    使っていないと忘れてしまうので、帰国後の今もデジカメやiPhoneなどなるべく英語の環境にしています。

  • Pingback: MacとiPhoneの言語環境を英語にしてみた : Way to Apple()

  • 今英語を勉強中です。
    参考にさせてもらいます。
    ありがとうございます!!!

  • Pingback: 海外生活2年目の僕が英語学習にオススメのあれこれを整理してみた〜Podcast/他編〜 | NAGOCRE(なごくり)()

ニュースレター

Web制作の最新情報やWebクリエイターボックスからのお知らせ、中の人の近況等を定期的にお送りいたします。 ぜひご登録ください!もちろん無料です! :)