Adobe Experience Design(XD)を使ってアプリのプロトタイプを作ってみた

thumb_xd

先日発表された、Adobeのプロトタイピングツール、Adobe Experience Design(Adobe XD)。Sketchライクなシンプルなグラフィックツールです。なにやら面白そうだったので、早速つついてみました。デモとして、簡単にチャットアプリのプロトタイプを作ってみたので、使用感とともに紹介します。


Adobe Experience Design(Adobe XD)って何?

Adobe XDはアプリやWebサイト等のデザインに使えるグラフィックツール。ただグラフィックが作成できるだけではなく、クリックやタップで次の画面に移動し、実際に動作しているようなプロトタイプも作成できます。それだけの機能がついて、なんと無料です!

残念ながら今のところMac専用ツールですが、今年中にWindows版もリリース予定だそうです。日本語にも対応してくれることでしょう!楽しみ。

今年に入って、以下の記事でグラフィックツールやプロトタイピングツールを選んでいただけあって、Adobe XDにはかなり興奮気味。ふんふん!

それでは実際に使ってみましょう!

まずは基本的なツールの使い方

first-screen
最初の画面で、どのデバイスに対応するかを選択できます。今回はiPhone 6を選びます。

artboard-name
アートボードが表示されました。左上のテキストをクリックし、アートボード名を変更できます。

bg-colour
アートボードをクリックし、アートボードが選択された状態(青い線で囲まれた状態)にすると、右側のパネルの「APPEARANCE」で背景色を指定します。まだグラデーションを指定する機能はついていないので、グラデーションにしたい場合はIllustratorで作成し、オブジェクトをコピペする必要があるようです…。

text
左のツールボックスからテキストツールを選択し、文字を入力します。色やサイズなどの装飾は右のパネルから。自動的にガイドラインも表示されるので、配置も楽ちん。

rec
四角形ツールで長方形を描画。線や塗りは右のパネルから。角丸は各頂点の二重丸っぽい円をドラッグして調節できます。

login
同様に四角形とテキストだけで、こんなログイン画面ができました!

login
ログインした後の画面を作ります。アートボード名をクリックし、alt キーを押しながらドラッグすると、アートボードを複製できます。

list
続いて円や線、テキストツールを使ってリストページを作っていきます。

mask
画像のマスクは、オブジェクトに画像をドロップするだけでOK!

Repeat Gridで要素の繰り返し

repeat-button
さて、リストの基本形ができたところで、Adobe XDのおもしろい機能、Repeat Gridを使ってみましょう。まず繰り返し表示したい要素を選択します。ここでは画像・テキスト・矢印・ラインですね。選択できたら右パネルの「Repeat Grid」ボタンをクリック。

repeat
すると緑のラインが表示されるので、下にドラッグすれば繰り返し表示されます!今回は下に伸ばしましたが、もちろん横にもリピートできますよ。各要素のスペースの調整も簡単です。

repeat-images
繰り返し表示された要素の画像は一度に変更できます。適応させたい画像を複数選択し、画像部分にドロップ。すごい!

change-text
もちろん繰り返し表示された他の要素も自由に変更できます。

プロトタイプ作成

4artboards
そんなこんなで、全部で4つの画面を作成しました。デザインができたら、最後にプロトタイプを作ってみます。どこをクリックしたらどこにリンクするのか、わかりやすくなりますよ。

prototype-screen
まずは画面上部の「Prototype」をクリック。アートボード名をクリックして各アートボードを選択できます。アートボード左上のおうちアイコンをクリックすると、その画面がホームとして扱われます。

segue-first
タップできる要素をクリックすると、右端に矢印マークが表示されます。それを移動する画面までドラッグ。推移時のアニメーションや時間を設定できます。

segue
その調子で全ての要素とページをつなぎ合わせます。

プレビュー&シェア


完成したら画面右上の再生ボタンをクリック。別窓でプレビュー表示できます!さらにプレビュー画面の右上の「Record」から、操作画面の録画も可能。上の動画は実際に録画したものです。

create-link
作成したものを公開するなら、画面右上の「Share Online」(上矢印っぽい)ボタンをクリック。「Create Link」ボタンをクリックでURLが生成されます。任意ですが、画像の設定も可能。画像をドロップするだけでOK。ちなみにファイルに変更を加えたら、その都度URLを再生成する必要があるみたいです。

qr
今回作成したデモも公開中です。QRも作成したので、実機でそれっぽく確認できますよ。iOSやAndroid向けの専用アプリもリリース予定らしいので、乞うご期待!ですね!

シェアする

コメント