期間限定多し!学割の使えるクリエイター向けツールやWebサービス10

thumb_github-edu

日本では新年度が4月から始まるということも関係して、3月に学割プログラムを実施する企業が多いです。ということで今回はその学割特集です。学割といえど在学中の学生だけでなく、教員の方も対象とする学割プログラムが多いので、教職が本業の方や、フリーランスの合間に講師をしているクリエイターさんも必見!期間限定のものもあるので、早めにご購入を!どれも原則学校名や学生証の提示、教育機関専用のメールアドレスが必要となります。

1. Apple製品

学生や教員向けAppleストアでは、学生だけでなく教員の方でも割引でMacやiPadなどの人気Apple製品を購入できます。さらに2014年4月9日23時59分までの期間中は、対象となるMacやiPad、iPhoneを購入すると、Macなら10,000円、iPhoneやiPadなら5,000円分のApp Store Cardがもらえちゃう

学生や教員向けAppleストアか、Appleコールセンター(0120-994-994)で購入できるみたいですよ。対象者は高校や大学の在校生だけでなく、これらの学校に進学が決まった生徒、大学受験予備校生、教職員、PTA役員の方でもOK。

2. Dell製品

タブレットやノートパソコンで人気のDellでは、Dell 学割キャンペーンを実施中!2014年3月31日まで、購入価格に応じて最大30,000円引きでオトクにDell製品が購入できます!ご希望の商品を選んで、ショッピングカートでクーポンコードを入力すると値引きされるシステム。詳しくはご利用ガイドページを参考にしてみてください。

Dell 学割のWebサイトか専用ダイヤル(0120-912-053)で購入可能。対象者は小学生〜大学・専門学生、その学校に進学が決まった生徒、予備校生、教職員。

3. Adobe Creative Cloud

adobe-edu

デザイン作業には必須ともいえるPhotoshopやIllustratorを扱うAdobeでは、学生、教員向けCreative Cloudプランを用意しています。年間契約で通常月額4,980円のところを、学生や教員は月額1,980円!

対象教育機関検索ページで在籍している学校が対象かどうかチェックできます。シリアル番号申請時に学生証や在籍証明証を送る必要があるみたいです。詳しくは学生証・在籍証明書の形式についてを確認してください。

4. Microsoft Office

office-edu

Word、Excel、PowerPoint等のオフィス系ソフトはMicrosoft Office Professional Academic 2013が学割対称商品として販売されています。レポートやプレゼンでオフィス系ソフトは必須!この機会に購入しておくと捗りますね。

Microsoft Office Professional Academic 2013は Amazonで購入できます。ただしアカデミックパック購入の条件として、専用のフォームから学生・教職員情報を入力する必要があります。

5. Microsoft Office、Parallels Desktop他

isic-edu

世界共通の学生身分証、国際学生証ISICカードをお持ちの方は、学生および教職員を対象したソフトウェアの割引が受けられます。現在Office 365 Universityが10,571円、Parallels Desktop 9が5,995円で販売中。他にもたくさんのソフトウェアが最大90%引きだそうです。

6. Amazon

amazon-edu

AmazonではAmazon Studentというプログラムが用意されています。本ポイント10%還元、当日お急ぎ便・お急ぎ便が無料、無料お届け日時指定と、Amazonをよく利用される方には嬉しいプログラム。会員登録後の6か月間は無料で利用できます。さらに2014年3月31日までにAmazon Student会員登録すると、もれなく1,000ポイントゲット!

対象者は学生用のメールアドレスを持っている大学、大学院、短期大学、専門学校、高等専門学校の学生。学生用のメールアドレスがない人は学生証や在学証明証の写しをAmazonのアカウントに登録されているメールアドレスから、amazon-student-verification@amazon.co.jp へ送信する必要があるみたいです。詳しくはヘルプ: 登録できなかった場合をご覧ください。クレジットカードも必要となります。

7. Github

コードを共有したり公開するためのWebサービスのGithubは先月、学生や教員用のGitHub Educationを公開。通常月額$7のMicroプランが無料で利用できます。

学生・教員用アカウントを取得するには、まず学校で用意されているメールアドレスでGithubの無料アカウントを登録・ログインします。その後ログインした状態でリクエストページよりフォームに記入。学校名、卒業(予定)年、Githubをどのように使うか?といった質問に答えてリクエストを送信すればOK。数日でお返事がくるようです。

8. Smashing Library

海外のWeb系のスーパー人気ブログサイトSmashing MagazineではWebデザインやプログラミングに関する70冊以上の電子書籍がダウンロードし放題の年間プラン、Smashing Libraryを提供しています。通常年間€89($99)のところを、学割なら50%オフ!Web関連の勉強だけでなく、英語の勉強にもなって一石二鳥ですよ!

申請は学生証をスキャンしてstudents@smashinglibrary.com宛てに送ればOKなのですが、日本語だと却下される可能性有り。英語の学生証か、翻訳をつけた方がいいかもです。詳しくは問い合わせてみてください。

9. ライブドアブログ

livedoor-edu

ライブドアブログではブログ学割を提供しています。広告が入らない、独自ドメイン利用可能、ブログデータ容量無制限等のメリットがあります。覚えた知識をアウトプットするために、ブログを始めてみてもいいかもしれませんね。

対象者は25歳以下の学生。アフィリエイト・商用利用・アダルトサイト不可。サイトから申請後、審査を経て採用可否のメールがもらえます。審査完了日から1年間の利用ができますが、在学期間中であれば何度でも更新が可能とのこと。

10. Cacoo

cacoo-edu

ブラウザーでサイトマップやワイヤーフレームを作成できるCacooでは、アカデミックプランを提供しています。学生や教職員の方はチームプラン(通常月額2,480円〜)を2014年3月31日までは無料で使えます

幼稚園・保育園・小学校・中学校・高校・大学(短大)・大学院・高等専門学校・各種専門学校等に在籍する学生や教職員の方が対象。2014年3月31日以降は通常料金の半額で継続利用でき、支払わなくてもフリープランとしてアカウントは使えるようです。申し込み時に教育機関専用のメールアドレスが必要。


今月末で終了のプログラムが多いですねー!学生の皆さんは急いで登録です!他にもオススメ学割サービス等あればシェアしてください!

シェアする

コメント

ニュースレター

Web制作の最新情報やWebクリエイターボックスからのお知らせ、中の人の近況等を定期的にお送りいたします。 ぜひご登録ください!もちろん無料です! :)