SVG形式のファビコンを設置しよう

つ・い・に!ファビコンもSVG形式が対応されるようになりました!SVGを使えばこれまで使われてきたPNGなどのビットマップ形式とは違い、拡大縮小しても画質が劣化しません。つまり、過去記事「クリエイティブなファビコンを設置しよう」で紹介したように多くのサイズを用意する必要はありません!やったね!少し工夫すればダークモードにも対応できますよ!さっそくみていきましょう!

SVGファビコン設置方法

1. SVG形式のファビコン用画像を用意


グラフィックツールでファビコンにしたい画像を用意します。サイズは特に気にしなくてもOK。正方形であればどのサイズでもきれいに表示されます。今回はIllustratorを使って32x32pxのものを用意しました。


SVG形式で保存します。

2. HTMLファイルに記述

あとはこれまでと同様、 head 内にファビコンを設置する記述を追加。これまでと違う点は type 属性を image/svg+xml としているところですね。

HTML

<head>
    <meta charset="utf-8">
    <title>SVG Favicon</title>
    <link rel="icon" href="images/favicon.svg" type="image/svg+xml">
</head>

完成!


設置完了です!これまでと変わらない手順で設置できました。簡単ですね!SVGなのでラインもとってもきれい!

ダークモードに対応させよう

SVG形式のいいところをもう少し見てみましょう。「Webサイトをダークモードに対応させよう」という記事でも取り上げた、ダークモードにも対応できますよ。SVGファイルをエディターで開き、style タグを使って直接CSSを記述します。この例では通常モードだと #0bd (= 水色)で表示され、ダークモードには @media (prefers-color-scheme: dark) を使って #faa (= ピンク) になるよう設定しています。

SVG

<svg version="1.1" id="Layer_1" .......>

<style>
    path {
        fill: #0bd;
    }
    @media (prefers-color-scheme: dark) {
        path {
            fill: #faa;
        }
    }
</style>

<g>
    <path d="M32,16c0,8.8-7.2,16-16......./>
</g>
</svg>

完成です!ダークモードにすると色が変わるのがわかりますね!デモページを用意したので、実際にページを開いてダークモードに切り替えて変化を見てみてください!

デモ

SVGファビコンのブラウザー対応状況

Chrome, Safari, Firefox, Edgeなどの主要ブラウザーに対応しています。IEには対応していないのでご注意を。対応していないブラウザー用には念の為、PNG形式のファビコンを用意して設置しておくといいでしょう:

HTML

<link rel="icon" href="images/favicon.svg" type="image/svg+xml">
<link rel="icon alternate" href="images/favicon.png" type="image/png">


ちなみにダークモードに対応させるための prefers-color-scheme も、IEには対応していません。ぐぬぬ。

とは言え、今後はSVGファビコンが主流になるかと思います。今のうちに覚えておくといいですね!

シェアする

ニュースレター

Web制作の最新情報やWebクリエイターボックスからのお知らせ、中の人の近況等を定期的にお送りいたします。 ぜひご登録ください!もちろん無料です! :)