アートとデザインの違いは?

あなたはアーティストですか?それともデザイナーですか?もしこの質問にすぐに答えられるとしたら、その理由はなんですか?その違いを説明できますか?アートとデザインの違い。人によって様々な意見があると思います。今回Admix Web BlogのTeylor Feliz氏による興味深い記事を発見したので、翻訳してみます。みなさんの意見もぜひ聞かせてください!


アートとは?デザインとは?この二つは同じもの?互いに限られているもの?アートとデザインの世界、そしてそれらが何を意味するのかーー誰かが私のことを「アーティスト」と呼んでから、このことについてより深く研究したいと思いました。私は自分のことをアーティストだと思ったことは一度もありません。自分のことをデザイナーであると認識しているからです。なので、私はすぐにその人に「私はアーティストではなく、デザイナーです」と訂正しました。次の論理的な質問は「その2つの違いは何?」。私は思いつきで筋の通った説明をしましたが、それがこの質問を熟慮する好奇心に拍車をかけました。正直、これは長年議論されてきた事だと思いますが、同時に意見を言い合う価値のあるトピックだと思います。

デザイナー?アーティスト?

私の意見は、アートとデザインは同じものではない。しかし2つの世界が離れている気もしません。私がすることはデザインし、設計し、組み立てることなので、自分自身をアーティストだとは思っていません。その点で考えると、アーティストは創造し、表現し、想像する、生まれつきの才能を持った人だと思います。私は創造も、表現も、想像もせずデザインするとは言いませんが、その違いは、私はそれを異なった要素と仕様でするという点です。

アートとデザインの定義についてみてみましょう。大辞林によるとアート(芸術)の定義は「特殊な素材・手段・形式により、技巧を駆使して美を創造・表現しようとする人間活動、およびその作品」、デザインの定義は「作ろうとするものの形態について、機能や生産工程などを考えて構成すること」と、2つの基本の定義が見られ、デザインは計画から成り立ち、アートはより多くの感情と、より少ない考えから成り立っているようにみえます。さらにアートには天性からなりうるスキルを必要とし、デザインは習得することが可能であるととれます。

さて、冒頭で述べたようにこれは私が最終的に結論づけることのできる問題ではありません。むしろ考え事を口に出しているにすぎません。しかし、下記にアートとデザインが何を意味し、象徴するのかを理解するためのいくつかの原理を発見しました。それに限られたものではない、私の意見ですが、一番あうと思ったカテゴリーにそれぞれの要素を置いてみました。とても興味深いトピックなので、意見があれば自由にコメントしてください!

アートとは?

Leonardo da Vinci

表現する

アートとは、アーティストの感情や感覚を表し、アートの一番の目的は表現することだと思います。目的への手段よりもはけ口であるといえるでしょう。例えばムンクは表現主義のアーティスト。彼は絵を見た人から特定の結果を求めていたわけではなく、ただ彼の感情を表現したにすぎません。

ムンクによる「叫び」「マドンナ」

理解されることは重要ではない

アーティストは見た人がそれが何であるか、何を伝えようとしているかを理解するかという点は気にしません。むしろ上記に述べたように、アーティストの感情を表現しているのです。アーティストも見ている人も、その作品がどんな感情を表しているか理解されなければその作品は失敗である、とは考えていません。

利益のためではない

私が考える多くのアート作品は利益のために制作されたわけではないので、純粋であると言えます。私の知っている多くのアーティストはそうしないと気が済まないから描いたり、書いたりしていると言います。創造するために思いを巡らし、その作品が販売されたとしたらとても良い事ではありますが、私の経験では作品で利益を生むということは一番の目標ではないと思います。

ユーザーの役割は少ない

アーティストが何かを創造するとき、通常彼らはターゲットユーザーについて深く考えたりしません。むしろユーザーとは最終的にそのアートを体験した人であって、特定の「誰か」というわけではありません。

主観的

それがいいアートであろうとなかろうと、アートは主観的であり、「美は見る人の目の中にある」という有名なことわざがピッタリと当てはまります。誰かが作品を見て絶賛したとしても、他の人もそう思うとは限りません。基本的にアートは、何が上質の作品であるかという点では限りがありません。

デザインとは?

アートとデザインの違い

伝えること

デザインで表現しようとすることは、アイデアや感じ方、または意見を伝えようとすることです。伝わらなかったり誤解されるということは、そのデザインは成功したとは言えません。

ユーザーを動かす

ロゴデザイン、グラフィックデザイン、Webデザインにかかわらず、ユーザーはあなたがデザイナーとして熟慮すべき主要素のひとつです。作ることを目的として作るのではなく、ユーザーを楽しませることを目的として作る。したがってデザインでは、ユーザーは必要不可欠な存在です。

商業化されている

デザインを考えると、私は商業化されたアートを思います。工業デザイン、グラフィックデザイン、インテリアデザイン。あらゆるデザインを考えてみてください。すべてのものに1つの共通点があります。デザインは本質的に、ユーザーを幸せにしてあなたに報酬をもたらすといった工程で作られたアートです。誰かはデザインとは「純粋さのない」アートだ、とか、デザイナーは「裏切り者」であるとさえ言ったりします。私はそうは思いませんが。

問題解決・計画をたてる

デザインでは、仕様書やプロジェクト計画に合わせて作成するために、問題を解決する能力が必須となります。プロジェクトを与えられて、アイデアを伝え、ユーザーからの反響があり、見て楽しめる何かを、具体的なプロジェクト規定に従って作成しなければなりません。デザインを始める前に、多くの時間を使って計画をたてる必要があります。

制限がある

残念ながらデザイナーは多くの場合作ることに制限があります。そしてその制限によって、デザイナーは何かを「創造する」というよりも「設計」し、「組み立てている」といえるでしょう。

客観的

デザインは客観的な美。そのため良いか悪いかを簡単に判断されます。あなたが何かのデザインを見た時、すぐにそのデザインが美しく、簡単に理解できるものであるとか、下手で成功していないものであるなどの判断ができるでしょう。この理由は、デザインはルールや訓練や原理に従っているからです。デザインはカテゴリー分けされ、そのカテゴリーに沿ってデザインされたかどうかで判断されます。

参照サイト: Design and Art: Are They the Same?
This article was written by Teylor Feliz, Designer and Developer and Owner of Admix Web Blog.
この記事はデザイナー・デベロッパーであり、Admix Web Blogの運営者 Teylor Feliz氏によって書かれたものをManaが翻訳しました。

いかがでしたか?「デザインもアートの一部」「デザインもアートも一諸」「全く違う世界のもの」など、様々な意見があると思います。私はTeylor氏と同じ意見で、一番の違いは「ユーザーの有無」かな、と思っています。「アートは自分の中に、デザインは社会の中に存在する」という。みなさんの意見も聞かせてください!

シェアする

コメント

ニュースレター

Web制作の最新情報やWebクリエイターボックスからのお知らせ、中の人の近況等を定期的にお送りいたします。 ぜひご登録ください!もちろん無料です! :)