ブログは週に何回更新するべきか

みなさん、ブログ書いてますか?どれくらいの頻度で更新していますか?もしくはみなさんの読んでいるブログは週に何回くらい更新されていますか?「毎日」「週に数回」「週に1回、あるかないか」…などなどそのブログによって違ってくると思いますが、結局週に何回くらいブログを更新すればいいんでしょうか?今回は以前から疑問に思っていたこの点について考えてみます。


Yamada氏の記事を読んで

ホームページをつくる人のネタ帳で知られるYamada氏の「初心者ブロガーにありがちな3つの誤解」という記事にある

最初の開始から3ヶ月間、毎日記事を書くとかなりの高確率で成功すると言うのは私のブログで良く口にする事です。

という文章を読んで、少し考えるところがありました。私はこの記事に

毎日薄っぺらい内容の記事を更新するブログと、2週間に一度濃い内容の、インパクトある記事を更新するブログ。。どちらも見たことありますが、私は後者のブログに戻ります。

毎日良い記事を更新できれば一番いいんですけどね。

とコメントさせて頂きました。「毎日ブログを更新する事に本当に意味はあるのか?」これはWebクリエイターボックスを始める前に日本のブログを研究していた時から思っていた事でした。というのもコメント欄に書いたとおり、「毎日薄っぺらい内容の記事を更新するブログ」を何度も見てきたからです。

無理やり毎日更新してもなんの意味もない

ブログを毎日更新するべきか

ブログを始めた時「毎日更新する!」と決めた人も少なくないはず。そんな人がよく言っているのが「ネタがない」。そんな状況が続くと、次第に更新する事を優先して、内容の薄い記事になってしまったり、更新する事にプレッシャーを感じてしまったりと、楽しくブログを続ける事が困難になってしまう可能性も。「SEOに有効だから!」などと言って毎日更新していても、内容の薄い記事を連発していて本当にSEOの効果があるのでしょうか?「記事の数を増やす事」と「多くの人が見てくれる」というのは決してイコールではないと思います。では一体どれくらいの頻度で更新すればいいんでしょうか?

中の人がブログに費やせる時間による

私の場合、ブログを書くのに最低2時間、そのネタの調査・検証に最低2時間はかかります。これはあくまで最低かかる時間なので、記事によっては1日ではとうてい書けないものもあります。例えば以前書いた「WebサイトをiPhoneで見やすくする5つの方法」だとiPhoneに最適化するためのサービスを調べ、あれこれ試したり、iPhoneに対応したWebサイトのギャラリーでもデザインを探して確認し、実際にiPhone用のWebクリエイターボックスを作成しています。この記事では5つの方法としていますが、実際にはその3倍近くのサービス・プラグイン等を試し、その中で使いやすいものを紹介しています。こういった内容を毎日書くとなると、ブログで生計をたてているブロガーでなければ時間的に不可能に近いと思います。

ユーザーのタイプによる

次にユーザーの視点から考えてみます。あなたのブログを読んでくれているユーザーはいつブログをチェックしているのでしょう?もし彼らが朝から夜遅くまで仕事をしていて、ブログをチェックできる時間が限られているのであれば、ボリュームのある記事には「あとで読む」などのタグをつけてブックマークしておくでしょう。彼らは私のようにとりあえず記事をざっくり読んで、週末などの時間がとれるときにじっくり見ているのだと思います。そういったユーザーが多いのであれば、ボリュームのある記事を毎日更新するよりも、週に数回と決めて更新した方が効果的かもしれません。また、ユーザーがTwitterやはてなブックマークを利用するのであれば、RTやはてブをとおして記事を更新した後からジワリジワリと広まる可能性もあります。例えばWebクリエイターボックスだとブログを更新した日よりも、その翌日の方がアクセス数が多くなります。このブログで一番人気の記事「クライアントからのムチャぶり迷言集」の場合、更新した翌日のPVの方が更新した日よりも約13,000多くなっています。こういったアクセス数のノビシロを見越して更新するのもいいと思います。

ブログのタイプによる

例えばあなたのブログが料理のレシピを紹介しているサイトだとします。数え切れないほどの料理があり、レシピの書き方はあまり変わらない…そんな場合は各記事の質よりも量で勝負したほうが効果的といえます。同様に「jQueryプラグインの紹介」「使える一言英会話」などもあらかじめ書き方を統一したテンプレートを作っておけば少しの時間で更新可能ですし、多くの情報を網羅することで人の集まるブログを作る事ができます。こういったサイトのユーザーは「少ない時間で知りたい情報を明確に記載しているサイト」を求めていると思います。それでは量よりも質で勝負すべきブログとはどんなブログか。このサイトのようなチュートリアルサイトや世論に対する自分の意見を書いたブログは、資料や自分の意見をまとめたり、わかりやすく表現する必要があるため、自然と「質」のほうに重点がいくはずです。

結論

以上をふまえて、一概に「週に何回更新するべきだ!」という答えはなく、ターゲットユーザーとブログ内容によって変わってくると思います。まずはこの2点を明確にし、自分のブログにかけられる時間を考慮した上で目標更新回数を設定しましょう。あまりにプレッシャーに感じて更新するのが苦痛になるようであれば更新回数を減らしてもいいんです。更新に追われているのが目に見えてわかるブログほど醜いものはありません。少なくとも私は読みません。日本のブログ界がもっともっと素敵なものになりますように。

シェアする

コメント

ニュースレター

Web制作の最新情報やWebクリエイターボックスからのお知らせ、中の人の近況等を定期的にお送りいたします。 ぜひご登録ください!もちろん無料です! :)