コピペでOK!セクション間のおしゃれな仕切りをカスタマイズして実装できる便利なWebサイト3つ

上下に並んだセクションの間に、斜めのラインや模様を取り入れると一気に印象が変わります。複雑な図形もSVGを使って実装できますが、一からコーディングするとなるとなかなか手間がかかります。そこで予めいろんな模様が用意されているWebサイトを使って手軽に挿入してみましょう!

↓私が10年以上利用している会計ソフト!

SVG Shape Dividers Generator Tool


SVG Shape Dividers Generator Tool
画面右側にカーソルをあわせるとパネルが表示され、模様が選択できます。左側のパネルから表示位置や色、模様の大きさなどが調整可能。「Animate」をオンにすると、キーフレームアニメーションで動くコードが生成されますよ。「COPY CODE」をクリックでCSSコードをコピーできます。


個性的な模様も多く、見ているだけでワクワクしちゃいます。有料のものもあり。

実装例

See the Pen
by Mana (@manabox)
on CodePen.

Shape Divider App


Shape Divider App
上部のパネルから形や色、大きさをカスタマイズできます。波型の他に三角形や斜めのラインなども用意されています。


パネル下部の雲と下矢印のボタンをクリックするとコードが表示されます。HTMLには position: relative; を指定した親要素の中に表示されたコードをコピペしましょう。そうしないと位置がうまく調整できません。下記例では「divider」というクラスの divposition: relative; を加え、その中に表示されたコードを挿入しています。

実装例

See the Pen
Shape Divider App Demo
by Mana (@manabox)
on CodePen.

CSS Section Separator Generator


CSS Section Separator Generator
斜めのラインやギザギザ、円形などをCSSで作成できます。「SETTINGS」から大きさや位置をカスタマイズできます。


「HTML」や「CSS」のタブをクリックすると、各コードが表示されるのでコピペして利用します。色を変更するときは ::before::after に指定されている色も変更する場合があります。

実装例

See the Pen
CSS Section Separator Generator Demo
by Mana (@manabox)
on CodePen.


こういった装飾も、便利なジェネレーターを使えばすぐに実装できますね!ぜひ試してみてください!

シェアする

ニュースレター

Web制作の最新情報やWebクリエイターボックスからのお知らせ、中の人の近況等を定期的にお送りいたします。 ぜひご登録ください!もちろん無料です! :)