海外でWebデザイナー・Webデベロッパーとして働くために必要なスキル

昨年バンクーバーのうぇぶ屋のセナ氏と立ちあげた、クリエイター向け留学サポート企業「Frog」で素敵な広報担当をしている私ですが、セミナーや留学相談会でよく聞かれるものの、うまく答えられなかった質問があります。それは「どれくらいの実務経験や、どんなスキルがあれば海外で通用しますか?」というもの。行く国や、企業によって求めるものは違ってきますし、一概に「これができれば海外就職できます!」とは言えないんですよね。それでもあやふやに答えるのが嫌だったので、今回は英語圏のWeb系求人情報サイトからWebデザイナーとWebデベロッパーの求人、300件以上をチェックし、企業が求めているスキルや経験年数、学歴を集計してみました。これから海外進出を考えている皆さん、ぜひ参考にしてみてください!


対象としたのは下記のクリエイター向けジョブボードサイトに掲載されていた求人情報。今回の記事でいう「海外」は英語圏の国(アメリカ・カナダ・オーストラリア・ニュージーランド・イギリス)を指しています。

Webデザイナー

151件の求人情報からデータを集計。主に以下のジョブタイトルを対象にしました。

  • Web designer
  • Front-end designer
  • UI designer
  • Interface designer

経験年数

Webデザイナーが求められる実務経験年数の円グラフ
81%の企業が実務経験を必須としていました。1年以上の経験を必須とする企業が28%、2年以上は20%と、1〜2年の実務経験があれば、約半数の企業から求められる人材に成り得ることがわかります。実務経験年数を重視しない企業の内、専門学校卒業以上の学歴を求める企業は63%でした。経験がない分、知識があることを学歴で証明してもらいたいようです。中には「経験年数は関係なく、ポートフォリオを重視するよ!」という企業も。

学歴

Webデザイナーが求められる学歴の円グラフ
Webデザインやアート、芸術等に関連する専門学校、大学卒業以上の学歴を求める企業が45%。学歴を問わない企業は55%と、半数以上をしめました。個人的に予想していたよりも少し少ないかな?という印象。そこには意外な事実がありまして、大学卒業以上の学歴を求める企業のうち、76%がアメリカの企業でした。Web先進国であるアメリカでは、Webデザイナーが増えすぎて、学歴でふるいにかけているのでは?と予想。もしそれが事実なら、いずれアメリカ以外の国でも大卒以上を必須とする企業が増えるのかもしれません。

専門学校卒以上を求めているのは、すべてカナダの企業でした。カナダでは専門学校の認知度が高く、一般的な学歴として扱われているようです。

必須スキル

Webデザイナーが求められる必須スキルの棒グラフ
グラフィックツールを使った基本的なWebサイトのデザインスキル、タイポグラフィや配色の知識はどの企業も必須としていました。デザイン以外では多い順にHTML、CSS、JavaScriptと、三大必須スキルが並びます。JavaScriptは基本的な知識やjQueryを使えればOKという企業が多く、APIやDOM操作等を求める企業は少数でした。WordPressはオリジナルテーマ作成できるレベルが求められているようです。

その他の必須スキルにはSass / LESS、モバイルアプリデザイン、Grunt / gulp、Bootstrap、SVG、印刷物デザイン等がありました。

必須ではありませんが、歓迎スキルとして多くあげられたのはMagento等のECサイト用CMSのデザイン・構築、AngularJS、動画編集、SEO・マーケティングの知識等。

Webデベロッパー

182件の求人情報からデータを集計。主に以下のジョブタイトルを対象にしました。

  • Web developer
  • Front-end developer
  • JavaScript developer
  • UI engineer
  • Front-end engineer

経験年数

Webデベロッパーが求められる実務経験年数の円グラフ
約7割の企業が実務経験を必須としていました。実務経験を問わない企業は、Webデザイナーの19%に対し、Webデベロッパーは31%と大幅に増えました。経験年数を問わないかわりに、CodePenGitHubStack Overflow等で実際にコードを見せて欲しいという企業も多く、デザイナーだけでなくデベロッパーもオンラインポートフォリオとなるサイトの必要性がうかがえます。

学歴

Webデベロッパーが求められる学歴の円グラフ
学歴を問わない企業が71%と大多数をしめました。Webデザイナーの場合と同じく、関連する学部の大学卒業以上を求めている企業の89%がアメリカで、専門学校卒以上を求める企業の81%がカナダでした。学歴に対する考え方は国の事情や考え方が左右するのかもしれません。

必須スキル

Webデベロッパーが求められる必須スキルの棒グラフ
こちらもWebデザイナーと同様、HTML・CSS・JavaScriptが三大必須スキルに。JavaScriptについては求めるライブラリー・フレームワークの種類が多くなったので後述します。PHPはWordPress等のCMSを用途にあわせてカスタマイズできることを前提とするところが目立ちました。Sass/LESSやGit等は企業の制作環境にあわせて作業できるよう、必須としているところが多かったです。

その他にはAWS、Python、SVG、Perlなどがありました。中にはWeb系セミナーでの登壇経験を求めている企業も。

歓迎スキルにはPhotoshop等のグラフィックツールの利用、デザインスキル、ニュースレター制作、Vagrant、Google Maps API、Facebook API等がありました。

JavaScriptライブラリー・フレームワーク

必須スキルのJavaScriptライブラリーやフレームワーク
ライブラリー・フレームワークの種類がとにかく多く、企業によってまちまちだったのですが、jQueryだけは当然のごとく1位にあげられました。AngularJSも人気。中には「AngularJS Developer」というジョブタイトルで求人を出している企業も見られました。その他には多い順にD3、Mocha、Knockout、React、Jasmine、CoffeeScript、Ext、Underscore、Vanillaがありました。どれもひとつのライブラリーやフレームワークだけを必須とするのではなく、「JavaScript(jQuery, AngularJS, Node, Mocha)」といった感じで、複数提示する企業がほとんど。ひとつを極めるよりも、複数を軽くいじれる…という人材の方が求められているのかもしれません。

その他の応募資格

Webデザイナー・Webデベロッパーあわせて、こんな応募資格もありました。

  • その国で就労できるビザがある
  • ArialとHelveticaの違いが分かる
  • Macが好き
  • 犬が好き
  • 旅が好き
  • 運動が好き
  • ビールが好き
  • ユーモアのセンスがある

就労できるビザ。はい、大事です。就労ビザが無ければ働く事は出来ないので当然なんですが、国によって様々な種類や取得方法があるので非常に慎重になるところ…。私達日本人が海外で働くとしたら、絶対に避けては通れない部分です。ArialとHelveticaの違い…は、確かにデザイナーだったら大事かもしれませんね。犬が好き…犬?ビール…?ユーモア……?
つまり一緒に働くと趣味もあうし楽しい人募集ってことですね。

個別留学相談会

今回の調査が海外就労の目安として役立てれば幸いです!ちょこっと宣伝なのですが、私の所属するクリエイター留学サポート企業「Frog」は3/7(土)、3/8(日)に東京にて個別の無料留学相談会を開催します!これから海外進出を考えている方や、すでに準備を始めている方で質問や不安がある方はお気軽に参加してくださいね!

個別留学相談会の詳細

  • 日程:2015年3月7日(土)〜 2015年3月8日(日)
  • 参加費用:無料
  • 会場:東京都渋谷区渋谷2-22-8 名取ビル3階 303号室
  • 相談形式:約30分の個別相談を予定
  • 相談会に関するお問い合わせ:info@frogagent.comまでご連絡ください
  • 応募方法:詳細ページのお申し込みフォームよりお申込みください

みなさんとお会いできる日を楽しみにしています!

シェアする

コメント

  • Vasyl Holiney

    とても良い記事!!要点が整理された、明快な説明。

ニュースレター

Web制作の最新情報やWebクリエイターボックスからのお知らせ、中の人の近況等を定期的にお送りいたします。 ぜひご登録ください!もちろん無料です! :)