Web業界で働くには?スクールに通う?独学する?

Web業界で活躍している人にはWebのスクールへ行った人もいれば、独学でマスターした人もいます。Webスクールに行かなくてもできること、行かないとできないことは?独学する事のメリット・デメリットは?Web業界に就職・転職を考えている人で、そんな悩みを持っている人もいると思うので、それぞれの特徴をまとめてみようと思います。


なぜWebスクールに通うのか

なぜWebスクールに通うのか

Webスクールで教えてくれる代表的なものは

  • HTML
  • CSS
  • Photoshop
  • Illustrator
  • Flash
  • Webデザイン
  • マーケティング
  • PHP
  • JavaScript

などなど。これはスクールやコースによって変わってくると思いますが、どの教科も基礎から順序良く教えてくれます。教えてくれる事は本当に基本的なことでもあるので、「それなら独学でいいじゃん」と思っている人も多いでしょう。ではスクールに通うメリットとはなんでしょうか?

人脈が広がる

私は学校の先生や同じ夢を持った生徒と知り合える事が、スクールへ通うことの最大のメリットだと思っています。私は学校を卒業した後でも学校のパーティーに参加したり、Facebookなどで連絡をとり、わからないことがあれば質問したり、今流行っているWebサービスやおすすめのツールなどの情報を交換しあっています。この繋がりはお金では買う事ができない財産だと思います。

就職・転職の支援

また、ワークショップや就職セミナーを通じて就職・転職の支援をするスクールがほとんどです。スクールによってはポートフォリオサイトの制作を授業に取り入れ、それを見たWeb企業が生徒に就職オファーをするという取り組みをしているところもあります。私の卒業した専門学校では授業でポートフォリオ制作があり、さらにインターンシップ制度もありました。私はそのインターンシップを通じてその企業で働くことができました。ただ、就職サポートの内容はスクールによって変わってくると思うので、具体的にどんな事をしてくれるのか、事前の調査が必須となるでしょう。

デメリットは?

スクールに通うことのデメリットはやはり受講料と時間。全日制のコースを選ぶにしても、仕事帰りに通えるWebスクールにしても、安いとはいえないお金を支払う事になります。また、特に仕事をしながらスクールに通うのであれば、通える時間は限られてしまいます。逆にお金も時間も、なりたい自分になるための投資だと考えればいいかもしれません。

スクールに通わないという選択

スクールに通わない

現在Web業界で活躍している人には、独学でWeb制作やプログラミングをマスターし、就職した方も少なくありません。独学する事でのメリット・デメリットはどういったものがあげられるのでしょうか?

独学の基本は本とネット

本屋さんへ行けばWeb関連の本があふれています。ネット上でもWeb関連のブログや多くのリソースがありますよね。学校で学べる内容の多くは、そういった本やWebサイトでも容易に得ることができるでしょう。例えば以前記事にした「初心者さんのためのWebサイト制作に役立つリンク集」では、基本的なサイト制作の流れから、HTML・CSSなどのリソースサイトを紹介しています。これをひとつひとつ学習することでスキルを身につけることができます。お金をかけずに勉強するなら、独学の方に軍配があがりますね。

空いた時間を有効活用

自分の時間を自由に使って学んでいくことができるのも独学の魅力のひとつです。仕事をしながらでも手軽に学べるので、現在仕事をしていて、転職を考えている人には特に有効です。逆に学習時間を確保していなければ、プライベートとのメリハリがつかず、モチベーションがさがってしまうので注意が必要です。

楽しむ事が自分の力に

自分が「こうしたい!」「これ面白い!」と思うものをみつけて、それに向かって必要な知識をふやしていくのは本当に楽しいです。そういう気持ちになれれば学習する意欲も高まり、スクールに通うよりも短期間でマスターできるかもしれません。さらに何かにつまづいたときに、自分の力だけで解決できた事は記憶に残りやすく、自分の力として吸収しやすいでしょう。

独学のデメリット

何かわからない事があった時、学校へ行っていればその場で先生に質問し、解決できますが、独学の場合は時間がかかってしまうこともあります。自分で何がわからないのかを発見し、解決方法を見つけ、理解しなければいけないからです。また、モチベーションの維持が難しいのもデメリットのひとつ。同じ夢を持った仲間やライバルがまわりにいない中で、目標を持ち続ける事は場合によっては難しいかもしれません。

全ては自分次第

スクールに通わない人は常に自分自身でモチベーションを高め、アンテナを貼り、自分で学んでいく好奇心を持ち続けなければいけません。そうしなければ決まった情報のみを無意識のうちに選択し、偏ったスキルになってしまいます。ひとつのスキルに特化するのも素敵なことですが、もしフリーランサーとして働くのであれば、多くのスキルを持ちあわせている人の方が有利です。

逆にスクールに通った人は「自分で学ぶ姿勢」を忘れがちです。スクールに通えば多くの情報やスキルを幅広く吸収しやすいのですが、だんだんと教えてもらう立場に慣れてしまうかもしれません。スクールで得られるものは基礎やツールの使い方が中心であって、自ら気づいていくセンスの磨き方や、応用しようとする能力は「学ぶ姿勢の問題」です。それらは学校へ行く事でセンスを磨くきっかけを作れますが、学校へ行きながらも自身で探し、見つけていかなければならないものであり、結局は自分次第なのです。

1ヶ月間だけ独学してみて、それで限界を感じたら学校へ行く…というのも選択肢のひとつです。「なぜWeb業界で働きたいのか」というのを改めて考え、明確な目標を持っていれば、Web業界への就職・転職も不可能ではないはずです。この記事が、スクールへ通おうか悩んでいる方の判断材料になれば光栄です!

取材協力

私はカナダのINSTITUTE OF ADVANCED MEDIAという専門学校を卒業したのですが、日本に帰国した際、「日本のWebスクールはどんな感じなんだろう?」と興味を持ったので、インターネット・アカデミーさんとデジタルハリウッドさんの学校見学&お話を聞かせて頂きました!ご協力本当にありがとうございました!

※今回取材協力してくださったWebスクール・私の卒業した学校に関して質問がある方は直接学校に連絡をとってください。私からは返信致しかねます。

シェアする

コメント

ニュースレター

Web制作の最新情報やWebクリエイターボックスからのお知らせ、中の人の近況等を定期的にお送りいたします。 ぜひご登録ください!もちろん無料です! :)