ECサイトの色やデザインと購買意欲の関係

thumb-color-purchases

以前記事にした「ECサイトをデザインする時の8つのポイント」でECサイトをデザインする際の注意点を書きました。それをふまえて、今回KISS metricsの「How do colors affect purchases?」という記事でECサイトにおける色と購買意欲についてのインフォグラフィックが紹介されていたのでグラフと合わせて翻訳してみます。


色とマーケティング

ECサイトの視覚的アプローチ

新商品のマーケティング戦略を検討するとき、消費者への視覚的アプローチは極めて重要な要素です。

色と購入意欲

特定の商品を購入した理由として、85%の顧客が色が主要な理由であると認識しています。

色とブランディング

色とブランドの認知度

色がブランドの認知度を80%向上させます。

色と消費者

色はデザインの重要な要素のひとつです。しかし、全世界において共通しているとは言えません。北アメリカで注目されやすい色がインドでも同じとは限りませんよね。下記は北アメリカのオンライン消費者への色の働きです。

色と消費者

黄色

楽観的・若々しさ。ウィンドウショッピングをしている人の注意を集めるために使われます。

エネルギッシュ。心拍数を高める色。緊急性があり、セール中の商品に使われます。

信頼と安全の色。銀行や企業のメインカラーとして使われます。

裕福・リラックスを連想させる色。目に優しく、一連のプロセスを容易に見せます。

オレンジ

活発・活動的な色。「購入する」「購読する」などのCTAボタンに使われる事が多いです。

ピンク

ロマンチック・女性的な色。若い女の子や女性に向けたECサイトで使われます。

パワフル・滑らか・光沢など。高級な商品を扱うサイトで使われます。

落ち着き・静けさを象徴する色。美容系の商品に使われます。

色とタイプ別消費者

また、色は特定のタイプの消費者を引き寄せる力、消費者の行動を変える力を備えています。

その他の要素

消費者の行動に影響を与えるのは色だけではありません。ECサイトのデザインではキャッチコピーや利便性も関係してきます。

全体のデザイン

多くのオンライン消費者が操作性・ユーザビリティの悪さやサイト全体のデザインの悪さを理由に商品を購入しません。

全体のデザイン

動作スピードの効果

動作スピードの影響力と利便性は消費者をECサイトへと導く理由のひとつです。サイトの動作がライバル社より5秒でも遅ければ大きな損害となり得ます。

動作スピードの効果

言葉の力

企業は消費者を誘導する言葉の力に期待を寄せています。消費者が商品を購入するとなった時、同じ商品でも有力なキャッチコピーは他店との違いとなります。

ECサイトにおける言葉の力

ECサイトのみならず、商品のマーケティングにおいて色は重要な役割を持っていますね。衝動買いの消費者・予算内の消費者など、タイプによって色が与える力というのもなかなか興味深かったです。過去記事の「ECサイトをデザインする時の8つのポイント」もあわせて読んでみてくださいっ

元記事: How do colors affect purchases?

シェアする

コメント

  • > 色は特定のタイプの消費者を引き寄せる力、消費者の行動を変える力を備えています。

    このメソッドは所見でした。ありがとうございます。

  • Pingback: TwiLink » 【2010/09/06 18時~24時】 twitterで人気のあったURLトップ30()

  • Pingback: links for 2010-09-06 « 個人的な雑記()

  • Webデザインにおいてもとても重要ですね。
    基本はしっかり身につけ、やっていきましょう

  • スズキ

    いつも楽しみにしています。
    ビジュアルマーケティングという言葉が出てくる以前に、色の心理的効果が言われてきましたが、どれも実験室を飛び出すような臨床はなされてこなかった印象がありました。
    しかし、今ネットを介して、以前では考えられなかった数のデーターが集約しつつある今、この色に対する心理的要素は完成しつつあるかもしれませんね。

  • Pingback: » ECサイトの色やデザインと購買意欲の関係 | Webクリエイターボックス My_Room-bookmarks()

  • デザイナーの視点から、ECサイトのマーケティングについて、わかりやすく記事にされており、とても勉強になりました。ありがとうございます。私もデザイナーをしておりますが、この時世に大変勢いのある、中国にて、現在若手webデザイナーの教育係りとして赴任しております。日本ではかれこれ10年以上デザイナーとしてやってきた私ですが、異国の地で、通訳を介しながら、デザインを教えるということの、ハードルの高さを思い知りました。簡単ではないとわかってはいましたが、実際に体験してみると、想像を超えていました(笑)中国ではまだマーケティングノウハウや広告におけるデザインの重要性という部分で理解を深めるのに時間がかかりそうです。
    今後、もし良いアドバイスがありましたら、ぜひ、記事にしていただけると嬉しいです。
    今後も有益な情報を期待しています!

  • Webクリエイターボックス

    @山本@五反田 さん
    私もその部分が1番興味深かったです!

    @ei1029 さん
    基本は大切ですね!というかサイトの横スクロール、斬新ですねー!

    @スズキ さん
    色の歴史は長く、奥深いので、今回のようにデータにまとめても、また時代とともに新たな見解・分析結果が出てくる気がします。それはそれで楽しみです!

    @emily さん
    異国の地でのご活躍!すごいっす!大変だと思いますが刺激もいっぱいですよね?!忙しい日々を楽しんでください!

  • 初めまして。niriさんという方のブログからこちらのサイトを知りました!
    さすがウェブデザイナーさんっていう感じの素敵なブログですね^^

    記事内に登場するグラフィックが色鮮やかなので
    スクロールしているだけでも楽しくなってきます。

    また、時間のある時に他の記事も
    拝見させて頂きたいと思っています。

    では、失礼致します。

  • Webクリエイターボックス

    ありがとうございます!時々サムネイル画像を作るのに時間かけてしまったり、やっぱりデザイナーなんだなぁと思う事がありますw
    これからもよろしくです!

  • Pingback: 配色計画について | Basic Design()

  • Pingback: あなたのWEBデザイン配色センスを養う記事 20選+α | WEB制作◯◯()

  • Pingback: 「Webサイトにデザインなんて関係ねー」と言う人に一言。Webデザインの重要性とは? | Webクリエイターボックス()

  • Pingback: 色の勉強をこれからする方や配色に困ったら - WSMH()

  • Pingback: 色の心理的効果の勉強に役立つ記事9個まとめ |ウェブシュフ()

ニュースレター

Web制作の最新情報やWebクリエイターボックスからのお知らせ、中の人の近況等を定期的にお送りいたします。 ぜひご登録ください!もちろん無料です! :)