Adobe Portfolioで簡単にポートフォリオサイトを作成

thumb-ap

これまでもポートフォリオサイトの大切さを伝えてきましたが、ポートフォリオサイトが必要なのはWebの知識がある人だけではありません。そこで今回は簡単にポートフォリオサイトを作れる、Adobeクリエイティブクラウドに含まれているAdobe Portfolioを紹介します。コーディングの知識の無い方、特に画像を見せたいフォトグラファー、イラストレーター、画家さんなどにオススメです!

Adobe Portfolioのここが素敵!

アドビポートフォリオ

  • コーディングができなくてもWebサイトが作れる
  • ◯◯.myportfolio.com のドメインが取得できる
  • レスポンシブ対応
  • Behanceと連携できる
  • Typekitで素敵Webフォントが使える

Adobe PortfolioはWebブラウザー上でWebサイトが作れるツールです。一番の素敵ポイントは、やはりクリックしていくだけでコンテンツを追加できる点ですね!ちなみにTypekitでモリサワ書体が利用可能になりました!日本語に対応したWebフォントサービスは少ないので、こちらも必見です。

実際に作ってみよう

ap-email
Adobe Portfolioはまだベータ版のようで、開始するにはAdobe IDでログインし、ホームの「Request early access」ボタンからリクエストする必要があります。するとすぐに上記のようなメールがきて、作成スタートできます。

1. レイアウトを選ぶ

mercedes
現在用意されているのは5つのレイアウト。その中で自分の好みのものを選びましょう。実際にどのように表示されるのか、デモサイトも用意されているのでチェックしてみてください。私は「Mercedes」というテーマを選んでみました。

2. コンテンツの編集

各要素にカーソルを合わせると、点線のボックスと鉛筆アイコンが現れます。アイコンをクリックするとパネルが表示されるので、そこからコンテンツの編集が可能です。パネルはドラッグして配置を変えられるので、実際にどのように変化するかを見ながら編集できますよ。保存はページ下の「Save Draft」をクリック。

ナビゲーション

ナビゲーション
ナビゲーションメニューの設定は、ナビゲーションボックスから。ドラッグ&ドロップで順序を変更をしたり、ページの追加が可能です。


「Social Profiles」でSNSリンクのアイコンを追加したり。


ボックスのマージンを調整したり。

プロジェクトの追加


メインコンテンツとなる、自身の作品を追加していきましょう!ホームに表示されている「Add Project」ボックスをクリックすると、プロジェクト名を入力できます。


あとはこのパネルから追加したい画像ファイル、テキスト、動画等の埋め込みコード等を追加していきます。


コンテンツの順序を入れ替える時は、鉛筆アイコンをクリックして「Reorder」パネルを開きます。


ページ内の文章は、テキストをドラッグすると文字装飾パネルが表示されるので、そこから変更可能。


個別プロジェクトページが完成したらページ下の「Continue」をクリック。ホームに表示するサムネイル画像を選び、ドラッグして表示領域を選択します。


後は個別プロジェクトページのタイトルや日付、ジャンルを選べば完成!

ページの追加


自己紹介ページ等、ポートフォリオ以外のページを追加するには、ページ左側のプラスアイコンをクリックします。ポートフォリオページと同様、メディアやテキストを追加してコンテンツを作っていきます。


ページの順序は左メニューの「Manage content」でドラッグ&ドロップしましょう。

サイト設定


設定アイコンでは、サイトのタイトルやドメイン、Analyticsコードの追加、ファビコン等が設定できます。ドメインは「(任意の文字).myportfolio.com」。今ならドメイン名も空きがあるみたいで、早い者勝ちなので使いたいものをゲットしちゃいましょう!私はmana.myportfolio.comがゲットできちゃいました :D カスタムドメインにも対応しているようです。

完成!


こんなかんじのポートフォリオサイトが出来上がりました!


モバイルデバイスで見るとこんな感じ。

料金

Adobe Creative Cloudに付属されているサービスなので、すでにクリエイティブクラウド会員なら無料で始められます。これから使ってみようという方は、PhotoshopやIllustrator等、各種Adobeツールがすべて使えちゃうAdobe Creative Cloudに申し込む必要があります。月額4,980円。

PhotoshopやLightroom等、画像編集ツールが揃ったAdobe Creative Cloudフォトグラフィプランなら、月額980円です。


これまでも手軽にWebサイトを制作できるツールは多々ありましたが、Adobe Portfolioはポートフォリオサイト制作にフォーカスしている点が他とは違うかなと思います。用意されているレイアウトは多くはありませんが、その分シンプルで、作品に注目されるようなレイアウトになっています。今後日本語にも対応してくれるでしょう(多分)。

「今すぐポートフォリオサイトを作らなきゃ!」というクリエイターの強い味方ですね。

シェアする

コメント

ニュースレター

Web制作の最新情報やWebクリエイターボックスからのお知らせ、中の人の近況等を定期的にお送りいたします。 ぜひご登録ください!もちろん無料です! :)