2018年2月に読んだWeb・デザイン関連の本

Web制作やデザインに関する情報は、インターネット上以外にも書籍を通して体系的に学ぶことができます。今月も様々な本を拝読しました。その中でいいなと思った物、オススメの物をいくつか紹介します!

観察の練習

著者 菅俊一
発売日 2017年12月5日
「アイデアの種は、あなたの日常の「小さな違和感」に隠れている」をテーマに、身の回りにあるものがなぜ目についたのか?なぜ気になるのだろう?ということを考えていきます。題材も多く、読み終えた後はつい周りを見渡したくなるかも。黒と蛍光イエローの装丁がかっこいい!中身の文章も突然斜めになったり、行がくにょんと曲がったりと、「小さな違和感」が散りばめられています。

『観察の練習』を購入する

Webデザイン、これからどうなるの? キーワードから探るデザイン動向の現在と未来

著者 森本友理、鈴木慶太朗、福岡陽、三宅太門
発売日 2018年1月17日
以前紹介した書籍「Webサイト、これからどうなるの?」の続編。今回はレイアウト、グラフィック、配色等のデザインをメインに最新技術や流行を紹介。こちらも同様に各ページの「三行で理解!」で抑えておくべきポイントがまとめられています。実例も多く、最新トレンドを追いかけたい!という方はぜひ読んでみてください。

『Webデザイン、これからどうなるの? キーワードから探るデザイン動向の現在と未来』を購入する

いつか見たあのイメージを再現できるPhotoshopアイデア帳

著者 MdN編集部
発売日 2018年2月22日
なんとなく「あの花」のタイトルっぽかったから手にとってみた本w マンガ風やアート風など、一度はやってみたかった写真の加工方法が多数掲載されています。Photoshopの基本操作がわかった後に読んでみると、もっとPhotoshopが好きになるはず。デザインの幅もどんどん広がりますよ。

『いつか見たあのイメージを再現できるPhotoshopアイデア帳』を購入する


皆さんのおすすめの本もぜひ教えてくださいね!著者、出版社さんからの自薦はお問い合わせフォームからご連絡ください!

シェアする

コメント

ニュースレター

Web制作の最新情報やWebクリエイターボックスからのお知らせ、中の人の近況等を定期的にお送りいたします。 ぜひご登録ください!もちろん無料です! :)