「Webサイトにデザインなんて関係ねー」と言う人に一言。Webデザインの重要性とは?

マーケティング専門の人が「Webサイトにデザインなんて関係ないぜ!すべてはプロモーションとコンテンツ次第なんだぜ!」と豪語していたのでそれに反論を。もちろん彼の言っている事はWebサイトを世に広めるためにはとても大切な要素です。でもだからといってデザインが全く関係ないというのは極論すぎます。という事でWebデザインの重要性について考えてみたいと思います。


なぜWebデザインは重要なのか?

全体のデザイン

以前「ECサイトの色やデザインと購買意欲の関係」という記事で触れたとおり、ECサイトにおける約半数のオンライン消費者が、全体のデザインを理由にそのサイトを再訪問しないようです。この結果から、多くのユーザーがWebサイト上のデザインを重要視している事がわかります。では具体的にWebデザインはどのような役割があるのでしょうか?

ユーザーに印象付ける

Webデザインの最も重要な役割のひとつとしてそのサイトをユーザーに印象付ける、という点があげられます。「ちょっと変わったレイアウトのサイト」「色がきれいなサイト」など、受ける印象は人それぞれですが、ユーザーにどんなサイトであったかを記憶してもらう事で、再訪問してもらいやすくなると思います。

ここでちょっとした検証をしてみようと思います。まずはこちらの画像をご覧ください。

colourpixel

とあるサイトのCSSを無効化したものです。このサイトを見てどんなWebサイトだったかを説明できますか?

colourpixel

次にそのサイトのCSSを有効化し、少しぼかしてみました。人の記憶なんてこんなもの。それでも「オレンジで派手なサイト」として印象づくでしょう。「ここまでインパクトのあるデザインが重要だ!」というわけではありませんが、デザインはサイトがユーザーに与える印象を左右します。

色のはたらき

配色パターンからWebデザインを考える」でも書いたように、色にはそれぞれ一般的に連想されるイメージがあります。色によって落ち着いたり、食欲が増したり、危険を感じたり。こうした色の効果をうまく用いることで、サイト内を誘導する事ができます。

色とタイプ別消費者

ECサイトにおいて、色は特定のタイプの消費者を引き寄せる力、消費者の行動を変える力があるようです。

視認性を高める

視認性とはサイトの見やすさの事。背景色と文字色・文字サイズ・レイアウト…などなど、項目の多いサイトになってくると、これらの扱い次第で見にくくも見やすくなります。個人的には黒バックに白文字が苦手なので、Macのコントロール+オプション+コマンド+8で色を反転させて見たりしています。またホワイトスペースを利用したり、適度にマージンを加えると全体的にスッキリとした読みやすいページとなります。

モバイル版Webサイトのメインコンテンツのフォントサイズは最低でも14pxは欲しいところ。

ターゲット層を絞る

大人っぽいデザイン、男性向けのデザイン、子どもらしいデザインなど、デザインによってメインターゲットとなるユーザー層を絞ることができます。具体的にはフォントや色、画像、イラストなど、様々なデザイン要素を組み合わせてターゲット層に合わせたデザインを作り上げていきます。デザインは最もサイトを見て欲しいユーザーとそうでないユーザーを振り分け、最終的にそのサイトの目標達成に近づける力を持っています。

かわいいデザインテンプレート

例えばこのかわいいデザインのサイトが…

男性向けスーツの販売のサイト

男性向けスーツの販売のサイトだったら…。いや、違和感ありすぎです。はい。つまりそういう事。

Google検索時のプレビュー

Google検索時のプレビュー

Googleで検索した時にタイトル横の虫めがねアイコンをクリックすると、そのサイトのサムネイル画像が表示されます。例えば「ロゴデザインのギャラリーサイト」を探していて、トップページにサムネイル一覧が表示されているサイトを見たい!となった時にこの機能を使えば、いちいちリンクをクリックしなくても見た目で判断することができます。あるいは「きれいなデザインのWebサイト」を探している時もこのプレビュー機能が使えますね。また、上記のとおりサイトの全体の印象を覚えていれば「なんかオレンジで派手なサイト」を探し出すことができるかもしれません。

だがしかし例外もあったりする

デザインがいろいろアレでも、世界的に有名なサイトもいくつか存在しています。そういったサイトには「Webサイトにデザインなんて関係ないぜ!」とも言えなくもないですが、それにはずば抜けたプロモーション、またはすさまじいコンテンツが必要だと思います。

「世界一」という名のプロモーション

世界一長いWebサイト

18.939583kmもの長さのある世界一長いWebサイト、World Highest Website。スクロールしきれません。

世界一古いWebサイト

CERNは世界一古いWebサイト。1990年に作られたそうです。それだけでなんだか気になっちゃいますね。

その他、いろんな「世界一」のWebサイトを紹介しています。

幅広すぎるコンテンツ

craigslist

craigslistは1995年に運営開始されたコミュニティサイト。主にお仕事・お部屋探しや物の売り買いに使われている世界的に有名なサイトです。デザインは10年以上ほぼ変えられる事なく運営されていますが、そのコンテンツ量とユーザー数、また世界各国に対応させているため人気が衰える事はありません。

2ちゃんねる

日本では誰もが知っている2ちゃんねる。1999年より運営を開始し、細かくカテゴリー分けされた膨大な量の掲示板が特徴。初期のサイトデザインは分かりませんが、10年くらいはほとんど変わっていない気がします。

もう「Webサイトにデザインなんて関係ねー」なんて言わせません!Webデザインがなぜ必要なのかを考えながら、そのサイトに適したデザインを提供していきたいですね。最近読んだ「ユーザをサイトに長居させるもの窶唐サれはデザインの魅力と楽しさだ」はこれからのWebデザインについて熱く語られていて、とても興味深く読ませて頂きました。ぜひ読んでみてください!

シェアする

コメント

ニュースレター

Web制作の最新情報やWebクリエイターボックスからのお知らせ、中の人の近況等を定期的にお送りいたします。 ぜひご登録ください!もちろん無料です! :)