タグ: スマートフォン

Apple Watch Series 4 をつけて水泳してみたのでレビュー

4年くらい前から毎日のように1300〜1500mほど、クロールメインでバタフライ、平泳ぎ、背泳ぎと4泳法混ぜて泳いでいます。このたびApple Watch Series 4を購入したので、全国のスイマー向けにレビュー書いてみます!「スイマーじゃないよ」という人も、きっと泳ぎたくなるはず…!w

Apple Watchを買おうと思ったきっかけ

Apple watch series 4

Apple Watchが水泳に対応し、自動で泳法別にログが取れると聞いたときから物凄く興味はあったのです。が、その当時通っていたプールではスマートウォッチを含むアクセサリー類の着用は全面禁止だったのであきらめていました…。

ジム側が利用を禁止している理由としては、「ガラス製の画面が万が一割れて、破片がプールに広がると危険」とか、単純に「泳いでいる時に当たったら痛い」というのが多いみたいですね。素手でも当たれば痛いんですけどね。

で、私が購入しようと思った一番のきっかけは、通うジムが変わり、そこでApple Watchの使用が可能になったことでした。

事前に気になっていたこと

購入前に気になっていたのはこちら:

  • 精度はどんなもん?
  • 重さは気にならないか?
  • バンドは蒸れない?
  • 泳ぎながら音楽は聞ける?
  • 本当に壊れない?

Apple Watchを使ってジョギングしてみた系レビューは多々あるのですが、水泳についての記事はあまりなかったので不安もありながら購入してみました。

実際に使ってみた

ということで使ってみましたよ。

水泳開始

Apple Watchで水泳

Apple Watchを装着し、「ワークアウト」アプリを起動。「プールスイミング」を選択してプールの長さを選んだら「開始」。カウントダウンが始まるので、そのまま泳ぎ始めればOK。カウントダウン画面をタップすれば3秒待たなくても開始されます。

※ 英語設定にしていたので画像は英語表記になっていますが、実際は日本語でも表示されますよ!

水泳中

特にApple Watchをつつく必要はありません。気持ちよく泳ぎましょう。水中でも画面は確認できるので、今どれくらい泳いだか確認できて便利。何往復したかって途中でわからなくなりがちですが、これだと自分でカウントする必要はありません。泳ぎながら画面を確認するのは、腕を動かしてるし画面も一瞬しか見れないので結構大変ですが…一応できます。

Apple Watch 画面ロック

ワークアウトが開始されると、画面は自動的にロックされます。これで誤動作を防ぐわけですね。ちょっとプールサイドで休憩したいという時は、ロックを解除しましょう。デジタルクラウンを回せば音が鳴って、スピーカー部分に入った水を排出します。

水泳後

泳ぎ終わったら前述の通り画面ロックを解除し、左側にスワイプ。Xアイコンをタップしてワークアウトを終了します。

Apple Watch 水泳 結果画面

こんな感じで距離や消費カロリー、心拍数などが確認できます。

Apple Watch 水泳ログ

iPhoneの「アクティビティ」アプリににも反映されています。平均タイムや休憩した時間も細かく書かれていますね。15秒以上プールサイドに止まっていたら「休息」と判定されるのかな?

また、連続して50mは同じ泳法で泳がないとうまく泳法の判定がされないようで、25mずつ別の泳法で泳いだ場合は「混合」と表示されることが多いです。100m個人メドレーの記録がきちんと残せないのが少し残念。2コメ、4コメなら50m、100m単位での各泳法のタイムが残せます。

事前に気になっていたことへのセルフアンサー

精度はどんなもん?

4泳法の判定は「50m続けて泳ぐ」という条件つきですが、ちゃんと判別されていました。距離の誤差はゼロ。タイムは競技レベルの細かい計測は難しいかと思いますが、日々のワークアウトレベルなら問題なさそうです。

重さは気にならないか?

最初はやっぱり気になりました。片腕だけズシンとくるな…と。ただ、泳ぎ始めると浮力もあってかさほど気にならず、2回目泳いだときにはもう慣れました。

ロッカーの鍵を手首や腕につけている人は、Apple Watchとは別の腕につけるといいでしょう。同じ腕だと結構邪魔になりそう。ちなみに私はロッカーの鍵は水着の肩紐部分につけています。肩紐にはキャップをはさんだりできて、女子は便利。

バンドは蒸れない?

Apple Watch ゴールド

私はApple Watch初期付属のピンクサンドスポーツバンドをつけて泳いでいます。水泳中は気になりませんが、水泳後はApple Watchを一旦はずしてしっかり拭かないと蒸れます。穴の空いているNikeスポーツバンドなら多少改善できそう。購入検討中。

泳ぎながら音楽は聞ける?

Apple Watchを使えば、防水のワイヤレスイヤホンで音楽を聞きながら泳げるのでは!?と思ったりもしましたが、よく考えるとBluetoothは水中では途切れちゃうのでこれは無理でした。残念。

本当に壊れない?

防水なので普通にプールで泳ぐ分は問題なさそうです。ただ、Webサイトの注意事項にもあるようにダイビングなどの潜水はできません。また、海水につけた時はしっかり水で洗わないといけないので、ここは注意が必要ですね。

プールで泳ぐ時は、背泳ぎやバタフライなど、腕を広げる系の泳法ではコースロープに当たらないよう気にしたほうがよさそうです。そういえば昔バタフライでコースロープにあたって爪が剥げたことがありました。痛みで泣きました…。

水泳時の注意点

Apple Watchをつけて泳ぐ時は、この辺を事前に覚えておきましょう:

プールで使えるか

そもそも、ですね。いつも通っているジムやプールがスマートウォッチ着用禁止だと購入しても使えません…。購入前に確認した方がいいです。専用のシリコンカバーをつければOKというジムもあるようなので、規則がある場合は従いましょう。

キックは記録できない

泳法などは腕の動きで判定されているので、腕を動かさないキック(バタ足)のみだとログに残りません。ブイを使ったプルは記録されますが、「プル」としてではなく「通常スイム」としてのログが残ります。

途中で止まると計測されない

自分の前に泳いでいる人のペースが遅かったりして、こちらも止まったり、泳法を変えたりすると計測できなくなります。やむを得ず止まらないといけない場合は、そのラップはカウントせず、仕切り直すといいですね。

50mは同じ泳法で泳ぐ

「混合」として記録されないよう、できるだけ50mは同じ泳法で泳ぎましょう。50m続けて泳げば、コースの半分までドルフィンやバサロで泳いでもきちんと計測されました。

まとめ

マスターズなど、大会に出るための競泳をしているなら正確なタイムを計るのは難しいかもしれませんが、日々のワークアウトとしての水泳なら、Apple Watchは本当に便利!特に時間や距離をワークアウト中に確認できるところや、後からログを見てレビューできるところはお気に入りです。

これまで水泳はしてこなかったという人も、しばらく泳いでないなーという人も、これを機にApple Watchをつけて泳いでみませんか?Enjoy Swimming with Apple Watch!

UIパーツごとに閲覧可能なスマホアプリのデザインギャラリーまとめ

スマートフォンアプリ用のデザインでちょっと調べ物をしたくてギャラリーサイトを巡っていたのですが、以前見ていたサイトが軒並み404で表示されなかったり、更新がとまっていてしょんぼり気分…。そこで最新のアプリが掲載されていて、且つ見やすくパーツごとに閲覧できるサイトを集めてみました。
続きを読む

レスポンシブ対応!縦に半分割しているWebサイトの作り方

画面を大胆に縦に割ったレイアウトのWebサイトが流行中。複数のセクションで分割しているサイトもありますが、中でも多く取り入れられているのが真っ二つに分けている半分割のレイアウト。インパクトがあって注目を集められる上、スクロールをせずに複数の情報を表示できます。今回はそんな縦半分割のレイアウトを使ったWebサイトの作り方と、実例をいくつか紹介します。
続きを読む

シニア層を対象にしたスマートフォンサイトのユーザビリティ

私の母は某アーティストの大ファン。20年以上ファンクラブにも入り続けている熱狂っぷりです。過去記事「シニア層のためのWebサイトユーザビリティ」では、そのアーティストのグッズを購入しようと奮闘していた母ですが、今度は別の目的でスマートフォン版のそのサイトを操作したみたいです。今回は私がそれを横目に見ていて感じたことを書いてみます。
続きを読む

必要な物は紙とペンだけ!ペーパープロトタイピングのススメ

プロトタイプとは、アプリやソフトウェア、Webサイトなどの開発を始める前に、どのように動作するのか?どんな機能があるのか?などのシミュレーションができる試作品です。今回の記事では「ペーパー」とあるように、紙とペンで書いたラフ画を元に制作する「ペーパープロトタイピング」の方法を紹介します!誰でも手軽に始められるので、思いついたアイデアをどんどん形にしていきましょう!
続きを読む

Adobe Experience Design(XD)を使ってアプリのプロトタイプを作ってみた

先日発表された、Adobeのプロトタイピングツール、Adobe Experience Design(Adobe XD)。Sketchライクなシンプルなグラフィックツールです。なにやら面白そうだったので、早速つついてみました。デモとして、簡単にチャットアプリのプロトタイプを作ってみたので、使用感とともに紹介します。

続きを読む

無料で使えるモバイルアプリ制作用のプロトタイピングツール

以前「Webサイトのプロトタイプ制作に使える無料オンラインツール」というのを記事にしましたが、今回はモバイルアプリ制作に特化したツールを調査してみました。ただ、知らない間に便利ツールが増えまくり、あまりにも数が多いので無料で使えるものに絞り、さらに使ってみていいなと思ったものを集めました。それでも数が多いので…あとは実際にみなさんで試してみて、自分にあったものを探してみてください!
続きを読む

モバイルサイトのナビゲーションメニューは画面下に置くべき

スマートフォンを使ってWebサイトを閲覧する人、どんどん増えてきています。モバイルブラウザーのシェアを見ても、そのユーザー数は無視できないものとなっています。サイトによってはデスクトップで閲覧する層より多いところもあるかもしれませんね。私がWebサイトの制作依頼を受けた際、モバイル対応は必須としてきましたが、モバイルユーザビリティについて再考してみたので、今回はナビゲーションメニューについて簡単に記事にしてみます。
続きを読む

ノンプログラマーのためのiPhoneアプリ開発学習ガイド

「iPhone/iPadアプリを作るのは難しい」。デザイナーの人は特にそう思い込んでいませんか?確かに新しいプログラミング言語を習得するには時間がかかります。しかし、一度「楽しい!」と思えばこっちのものです。その気持ちだけで難しいものも簡単に乗り越えてしまえるもの。そう、もう無敵です!どんなアプリでも作れるようになります!ここではアプリの開発方法よりも、「どうやって楽しく学習できるか」に焦点を当ててみたいと思います。
続きを読む

少しのコードで実装可能な15のスマートフォンサイト用小技集

スマートフォンが普及してきて、Webサイトを作る時、スマートフォンサイトも一緒に制作している方も多くなってきていると思います。私もスマホサイトを制作する機会が増え、だんだんEvernoteに保存していたスマートフォンサイトを作る時の小技がたまってきたので、iPhoneで使える小技を中心にまとめて記事にしてみます。いくつかサンプルも作っているので、スマートフォンからあわせてご覧下さい!
続きを読む